番号 0 7 0 女物 袷 付け下げ

¥7.0 0 0
後から見た写真
前から見た
裏側からとった写真
上前の胸元の柄
上前身頃と下前衽の八掛け部分
上前身頃裾の柄
広衿の着る時に折った部分と袖口に難があります。
上前掛け衿の難
下前掛け衿の難
袖口のてあか汚れ
衿にはひき糸がついています

寸法表

項目
尺貫法
M法
身丈背から
4尺1寸1分
155.7cm
衿下
2尺0寸7分
78.4cm
1尺7寸6分
66.7cm
付け込み
5分
2cm
身八つ口
4寸
15.2cm
袖丈
1尺3寸0分
49.2cm
袖丸み
8分
3cm
衿型
広衿
3寸
袖巾
9寸
34.1cm
前巾
6寸8分
25.4cm
肩巾
8寸6分
32.6cm
後巾
7寸8分
29.6cm
衽巾 合褄巾
4寸0分
15.2cm
袖付
6寸
22.7cm
繰越
6寸
2.3cm

この着物についての解説

表の地色は紺色です。八掛けの色は薄い青色。表の色と同系色です。正絹です。一度 着用しています。掛け衿と袖口によくあるあせなどのしみがついています。和服専門のしみ抜き屋さんにもっていけば¥5000ぐらいで きれいにしてくれると思います?紗綾形文様で光沢のある生地です。しみの抜きさえすれば、十分着れる着物です。前の内揚げが1寸2分ぐらいありますので 身丈をもう少し伸ばす事もできます。身丈をのばすような おおがかりな仕立て替えは洗い張りをしてからにしてください。 衿の中心を折る部分にはひき糸がついています。スナップのない時代はこの方式でした。スナップは場合によってはさびて 胴裏に緑や黒のさびをつけます。ひき糸ではさびはつきません。ひき糸の方法を知らない人はとまどうかもしれませんが 慣れれば問題ありません。

お問い合わせされる方は「ご利用ガイド」をよく確認して下さい。よろしくお願いしたします。