・悪い例です。腕の位置を見てください。


・良い例です。指や腕は鍵盤に対してまっすぐです。
・弾きにくいときは、鍵盤の奥まで使いましょう。
・和音のとき、3の指を第2関節から直角に曲げる人
がいます。3の指を伸ばしてみましょう。もともと3の
指は5本の指の中で一番長い指です。手を丸めてい
ても、3の指は鍵盤の一番奥にあるはずです。