・悪い例です。この場合親指は動かさずに手首で弾いている・・・ということになります。




・良い例です。親指の側面全体が鍵盤に触れるのではなく、
丁度爪のある側面だけが鍵盤に触れています。
・他の指を弾くときと同じ位置に手首があり、その状態で親指
を動かすと、上図のようになります。
・1の指は、思わず手首で弾いてしまいがちですが、手首は
下げずに親指だけで弾きましょう。