・悪い例です。
・腕の角度を見てください。こういった場合、たいていひじを使ってくぐり、
大げさな動きの中で、スケールが弾かれます。



・良い例です。
・腕は鍵盤にまっすぐです。3−1のくぐりはそれほど大変ではありませんが、
1−3のくぐりの場合、3の指が鍵盤にまっすぐの状態になってから弾きます。
3の指を鍵盤に対して斜めで弾くと、重たい腕を指が運んでいくよう動きになり、
非常に負担がかかります。
・基本的に、腕は常に鍵盤にまっすぐの状態。手首も上下しません。(本当は、
手首が指の行く先を誘導するような形が一番理想ですが、まずは、この基本が
しっかりしていないとできません。)