・ひじは張らずにラクにする。
・手首のみを「ゆうれい」にする。
・手首で鍵盤を押すのではなく、弾いたときに生じる指への衝撃を、
手首が吸収するような気持ちで、弾いた直後に「ゆうれいの手」にする。
・鍵盤から指は離れない。(ゆうれいの手の状態でも)