くだりも同様に、スライドして移動します。上下運動はありません。手首も斜めになったりせず、鍵盤に対して常にまっすぐです。移動と同時に、次に弾くミとドに2と1の指が準備されていなければなりません。