実際は大げさな動きほど手首は上下しません。このタッチは、早い動きのときに使用するタッチなので、手首の上下は微小で小刻みな動きとなります。
大げさな動きの練習をしておくと、手首の動きが非常に楽になります。腕は楽に、肘は張らずに、手首を少し高めにして弾きます。それほどバタバタした動きにはならないはずです。2と4の指の付け根をしっかりさせ、指がふにゃふにゃにならないようにしましょう。付け根が凹んでしまうと出来ません。