実際は大げさな動きほど手首は上下しません。しかし、大げさな動きの練習をしておくと、手首の動きが非常に楽になります。腕は楽に、肘は張らずに、手首を少し高めにして弾きます。腕の上下運動はありません。手首だけの動きです。
指の幅は変えずに均一で。鍵盤から一度離れて、割り箸を6度の幅に切り、1と5の指で持ちながら手首を上下運動させると、感じがつかめるかと思います。