まずは鍵盤から離れて、指の動きを確認します。第2関節だけを動かすのではなく、付け根から動かします。腕は楽にしましょう。この動きが確実にできるようになってから鍵盤に向かいます。