腕や手首に力をいれず、指だけで弾きます。強い音は必要ありません。指を意識します。指の動きはバタバタせず、常に鍵盤の上にあります。ゆ〜〜っくりから練習しましょう。最初からこの速さで練習しても、正しい動きが出来ていなければ意味がありません。指が鍵盤から離れないように、ゆっくりと・・・からです。