ゆっくりと弱音で。かすれるような音でも構いません。オクターブに手を広げるだけでかなりの負担です。慣れないうちは無理をせず、弱音でよいのです。まずは、弱音で。軽く肘を上下させ、手首はゆうれいの手で楽にします。そのとき、中指が鍵盤から離れないように注意してください。中指が立っているということは、手に無駄な力が入っているということです。
この練習を毎日続けると、次第に必要な筋力がついてきて、自然に音が大きく出せるようになってきます。まずは、かすれるような音から始めましょう。腕や手が痛くなったら、即その場で休んでください。無理は禁物です。