これらの動きが正しくできるようになったら、メトロノームで練習することをお勧めします。リズムが崩れたり、音が流れてしまったりしないよう、耳をそばだてて練習すると効果的です。

ゆっくりのテンポで正確にできるようになったら、少しテンポを速めてみます。テンポを速めても、動きは正確に、音は軽く、指は常に鍵盤の上にあるはずです。