注意する点は、これまでのマルカートと同様です。鍵盤から指が離れないように気をつけて弾きます。