【ハイドン(1732〜1809)】

ハイドンは1761年から1790年まで、
エステルハージ侯爵家に福楽長および楽長として雇われました。
ハイドンが所有していた大型のハープシコードは、
ウィーンの芸術史博物館に所蔵されています。
 ・・・・・しかし、ホルスト・ヴァルターの研究によると、
     この楽器をハイドンが所有していたという痕跡は、
     全くないそうです。

1785年ごろまでにハイドンが使用していた楽器が何であったか、
エステルハージ侯爵家の楽器が何であったかは、
何もわかっていません。
ただ、エステルハージ家での合奏やオペラの指揮に、
ハイドンがハープシコードを使ったことはよく知られています。

1780年以前のハイドンのソナタには、
ダイナミック記号などは一切書き込まれていません。
ハープシコードを念頭に置いて作曲していたからでしょう。
しかし、1780年に出版された楽譜(第35-39)には、
フォルテ、フォルテシモ、クレッシェンド、テヌートなどの記号が、
記入されています。
この頃にはハープシコードだけではなくピアノフォルテという楽器も念頭に置きつつ、
作曲していたのではないでしょうか?

ハイドンがピアノを購入したのは1788年のこと。
5オクターブ(f3-F1)の音域を持つスクエア・ピアノでした。
このピアノを手に入れて作曲されたエステルハージ時代のソナタは、
第48番と第49番です。
第49番をゲンツィンガー夫人に献呈する際、
ハイドンが夫人に宛てた手紙にはこう書かれています。

『アダージョだけがまったく新しいもので、
とくにこの楽章があなたの気に入るようにと思います。
(中略)
かなり難しいですが、感情に満ちています。
あなたがシャンツのフォルテ・ピアノをお持ちでないことだけが残念です。
もしこのピアノであなたがお弾きになれば、
2倍もの効果を創り出すことができるでしょう。』

また、当時のフォルテ・ピアノについてのこのような記述もあります。

『私たちの間で率直に申すなら、
本当に良いものは時々10台に1台しかなく、
またヴァルター氏の楽器はとびきり高価でもあります。
私はまたフォン・ニクル氏のフォルテ・ピアノも知っています。
それは見事ですが、あなたの指にはキーが重過ぎます。
誰もこの楽器で優雅に弾くことはできません。
したがって私はあなたがシャンツ氏の1台を
試してごらんになることをおすすめします。
彼のフォルテ・ピアノは特別に軽く、
快適なアクションを持っています。』

ハイドンがシャンツのピアノを購入した後のピアノ曲には、
ダイナミック記号のほか、
ハープシコードにとっては意味のないクレッシェンドやディミヌエンド、
スタッカートやスラーなどが記入されるようになりました。

1790年にエステルハージ侯爵が没した後、
ハイドンはこのピアノを持ってウィーンに移り住みます。
そして、1795年までに2回ロンドンへ行きました。
ロンドンではブロードウッドのピアノに出会うことになります。
これまで使用してきた軽いタッチのウィーン式ではなく、
重いタッチで力強い音がでるイギリス式のピアノです。

このときのハイドンのピアノ演奏についての感想文が残っています。
交響曲第98番が初演されたときのもので、
この交響曲の第4楽章には「チェンバロ・ソロ」の部分が含まれています。
ハイドンはこれをピアノで弾いたのでした。

『彼のピアノ・フォルテの演奏は、
この楽器についての第1級の芸術家という刻印を押すほどではないにしても、
論議の余地なく整然としており、かつ明確なものであった。
ある交響曲のフィナーレには、
ピアノ・フォルテによる魅力的で華麗なパッセージがあり、
この部分を彼は最上の正確さと明確さをもって演奏した。』