料理とワインの店:BISTRO KRI-KRI  
   

ホーム
  ご来店になる前に
  歴史
  お知らせ
  メニュー
  最近のおすすめメニュー
  おすすめワイン
  マスターのコーナー
  マスターの奥さんのコーナー
  おもろいお客さん
  花族
  畑情報 嵐のち晴れ
  リンク集
  地図
  更新情報
   

 
おもろいお客さん
 
 
 
 
西郷のタカちゃん

 タカちゃんはある組織のお偉いさんである。そんなえらい人がどうしてくりくりを気に入ってくれたのか謎である。私たちにも謎であるが、タカちゃんの秘書や部下たちにはもっと謎のようだ。いつもタカちゃんだけが上機嫌で、取り巻きの人たちはぶすっとしている。酔ったタカちゃんが「わしゃあ、この店が好きじゃ。ほーんとに好きじゃあ。おいオヤジ、なあ?」などとわめいても、皆、「ははははは」と声だけで笑ってまずそうにワインを飲んでいる。

 タカちゃんというのは私がつけたあだ名である。西郷隆盛に似た外見や話し方から九州出身だとばかり思っていたら東京っ子だった。
「ヨモギ餅って知ってっか?俺なんかさ、そのヨモギを江戸川でつんでさ、きれいに洗って料理屋へ持ってたりしたよ」
「まあ、それじゃ、子供さんのときにもうアルバイトなすってたんですか?」
「そうだよ、おめえ」
 相手によって俺だったり僕だったりワシだったりする。今日は女性ばかり五人も呼んでいる。秘書や部下、あるいは元部下。「運転手にジュース持ってってやってくれ」と言わないところをみると、自分の車は返したのだろう。

 タカちゃんは最初電話をしてきた。受けたのは私である。
「もしもし、そこはくりくりっての?」「はい、そうですけど・・・」
「どんな食べ物があるの?」
「えー、マスターが気ままにつくるお手軽料理ですが・・・」
「フランス料理?フォアグラはあるの?」
「いえ、そういう手の込んだものはおいてません。あの、もしあれでしたら近くのオペラハウスの上にサバなんとかっていう有名なお店がありますが・・・」
「ああサバティーニ?ありゃイタリア料理だよ、先週会食で使った」
「フランス料理なら、えーと」
「昨日はアピシュス行ったよ」
「えっ、アピアピ?」
「で、いくらぐらいの料理出してるの?」
「いくらもなにも、一皿七百円ぐらいからの安い店ですから」「あーそう、そんなに安いの。何時からやってるの?」
「はあ、六時ですけど、でも、いらっしゃらないほうがいいと思いますよ」 「ま、いい。一度行ってみるから」
 というわけでタカちゃんは律儀に六時に来たのである。ところがマスターが突然の買い物で留守。私も出勤してなくて、タカちゃんは二人の男性秘書とじっと待っていた。
「どうなってるのここ?客に店番させて」
 そんなことがあったのに、タカちゃんはくりくりのお客さんになった。
<

 
 
    * * *
   
 
 
「この間もミクニへ行ってさ、料理はうまかったけどワインがぬるくてさ」
「やだ、温度管理をちゃんとしてるんですよ。だれもカキ氷みたいにして飲んだりしませんよ、いいワインは」
 タカちゃんがくりくりで飲むワインは二千円代のヴァン・ド・ペイである。それをギンギンに冷やして飲むのである。
「ぼくはさ、酒のぬるいのは飲めないんだよ。だからうんと冷やしといてよ、舌が凍るくらい。どうせわかんないんだからさ味なんか」
 そのヴァン・ド・ペイにはメルローとカベルネとがあるので最初はメルローを次にカベルネと気を遣ってはみたものの「なんでもええ、なんでも。冷えてりゃ」と言うので、こっちもどっちゃでもよくなってしまった。

 時に大勢でドカドカと来るので、あわてて席作りをすると、「いいよ、そんな引越しみたいなことしなくて」と、そこらへんに気軽に座ってしまう。せっかちだが、料理さえ出てれば扱いには文句は言わない。ドンと置こうが二つ三つ重なって出てテーブルが狭くなろうが気にしない
 

 だんだん慣れてきた私がキツいことを言っても部下たちは顔色を変えるが「ハハ、なかなかこのオバハン、するどいこと言うんだよ」と上機嫌である。
 そして最後にいつも「おいカエル」と言って、帰らないでパスタを食べる。
 カエルとは乾燥パスタのファルファのことである。それをたっぷりのホワイトソースにからめて食べる。汁気がないと喉を通らないのだ。お歳のせいですね、とは口がさけても言えないが、いつかついでに言っちゃうかもしれない。とにかくくりくりにはタカちゃんによく似たカエルのパスタが専用のビンにぎっしり詰まって出番を待っている。 
 
 最後のコーヒーもうるさい。
「エスプレッソだかなんだか知らないけどさ、たっぷりくれよたっぷり。あれじゃ飲んだ気がしないんだよ。どうせ味なんてわかんないんだしさ」
 というわけで大き目のカップでたっぷりとあげると、すぐにカチャカチャとスプーンでかきまわす。「あらやだ、まだお砂糖入ってませんよ」「なんだよ。早くくれよ」
 毎度そんな会話である。

 凍ったようなワインをたっぷり飲んだタカちゃんは上機嫌でフラフラとドアを押して出ていく。「サンキュ、また来るよお」。後ろにはミクニやアピアピに行けなかった女性たちが白けた顔でついていく。
  タカちゃん、そんなに来なくていいんですよ。
 
 
     
    タカちゃん2へ
     
     
    ページの一番上へジャンプ