料理とワインの店:BISTRO KRI-KRI  
   

ホーム
  ご来店になる前に
  歴史
  お知らせ
  メニュー
  最近のおすすめメニュー
  おすすめワイン
  マスターのコーナー
  マスターの奥さんのコーナー
  おもろいお客さん
  花族
  畑情報 嵐のち晴れ
  リンク集
  地図
  更新情報
   

 
花族
 
 
 
ホオズキ
 

 

 ホオズキ市が立つのも間近である。幼いころはよく母に手をひかれて浅草へ通ったものだ。母は銀座と浅草が好きで、それ以外には海にしか連れて行ってもらった記憶がない。
  銀座ではワシントンという靴屋と、不二家をよく覚えている。ワシントンには私の足の木型があって、私はいつも真っ白な革靴を履いていた。足先が丸く、甲のところに横紐が渡っている形である。成長とともに足型は作り直されたが、形だけはずっといっしょである。 

 母は東京っ子の履き倒れそのままに、足元はいつもおしゃれをしていた。銀座通りを美しい母がさっそうと歩く。その姿とコツコツというパンプスの音が、幼い私には誇りであった。
  デパートで買い物をし、ワシントンに寄り、それから不二家である。そこでペコちゃんの鼻を押して挨拶するのが私の習慣であった。通りすがりの大人たちが振り返って笑う。得意になった私はますますペコちゃんの鼻を押す。ネットの垂れた母の帽子とレースの長手袋、私の真っ白なチュールのスカートと靴。当時としては破格にモダンなその装いは、今思い出すと映画のひとこまのようでもある。

 浅草へ行くときは必ずおそろいの下駄であった。母の浴衣姿は粋というより、やはりモダンであった。すすめられて声優をしたことがあるというだけあって、澄んだ甘い声をしていたが、その声で様々な市で職人とやりとりをする。いつも職人を活気だたせ、人垣を呼ぶ母であった。晩年、その母が酉の市へ行って小さな熊手を買うと売り手が「そんな小さな熊手じゃ福はこないよっ」と言ったことが辛く思い出される。間もなく母は死んだが、職人も時に残酷である。

 

 ホオズキは液果の種を抜くのが苦労である。ついついやりすぎて口元が破けてしまう。なんどやっても不器用な私は破ってしまう。
 一卵性母子と言われた私たちだが、母は私など比べようもないほど器用であった。母の洋裁は評判がよかったし、こまごまとした家庭のことも秀でていた。だから私は針ひとつもてない無作法者になったのかもしれない。

 明るい顔でブビィブビィとホオズキを鳴らす母が、少しうらめしかったことを思い出す。
                            (2003年6月30日)


 

ホオズキ  ナス科 日当たりがよく湿気がある土地を好む。一度植えると地下茎がはってふえるので周りに新株がたくさん出る
 
 
     
    目次
    ページの一番上へジャンプ