料理とワインの店:BISTRO KRI-KRI
   

ホーム
  ご来店になる前に
  歴史
  お知らせ
  メニュー
  最近のおすすめメニュー
  おすすめワイン
  マスターのコーナー
  マスターの奥さんのコーナー
  おもろいお客さん
  花族
  畑情報 嵐のち晴れ
  リンク集
  地図
  更新情報
   

 
 
  ますたーのおくさんのコーナー  
     
  ひびこれぎもん  
 
 
  某月某日
   テレビドラマの最後に俳優の名前が出て、「友情出演」というのがあった。この文字はよく見かける。何気なく見ていたが、よく考えてみたら友情って何だ。誰へ友情を感じて出ているのだ?まさか俳優にということはないだろう。あなたが主役なら出てあげてもいい、なんて勝手に決められるものでもなかろう。
 視聴者に友情なんてのも変だ。
「友情出演ですって?」
「レストランで高いワインを貰ったものだから、オーナーに友情を感じましてね。今回、レストランのオーナー役ですから」
「そりゃ大変ですな、殺人鬼を演じるときは死刑囚に友情?」
「・・・」
 というわけで現実的ではない
 プロデューサーへの友情ってのはあり得るかもしれない。以前いい役をもらったから今度はどんな役でもお役に立ちたいとか。しかしそれも、「また次はよしなに」と暗にねだっているようで嫌味だ。だいたいそういうことはカゲでやるべきことで、レイレイしく「友情出演」などと公共の電波上で表明するものではなかろう。
 これも却下。

 ではギャラの多寡の問題だろうか。
「キャリアも人気もおありなのに、出番の少ない役柄だし、ギャラも予算が極端に少ない番組とあってご希望に添えず申し訳ない。せめてお名前の前に何か目立つ文字をおつけするということでご勘弁を・・」とか?
 単に名前の順番の問題だろうか。
 主役ではないので一番には出せず、かといって最後はもう少し上の実力者がいるので今回は「友情出演」で折り合いをつけてください、とか。
しかし「特別出演」というのだってあるのだ。あっちはどうなるのだ?
「あなたは演劇界で特別の存在の方です」という意味だろうか。それとも、「この役はあなたにしかできない特別の役柄です」なのだろうか。それとも俳優の方が「この作品に特別な敬意を表して、出演させていただいてます」と表明しているのだろうか。

 いずれにせよ「友情」と「特別」は別もののはずである。
 となると、他にもまだあるのだろうか?「愛情」とか「特大」とか。
「愛情」はどう考えても、主役と不倫関係の人だろう。「特大」はギャラが最高額という意味だろう。出番は五分、ギャラは五倍。そこまでくれば「暴露」があってもいい。暴露本に書いてしまった人のドラマに出演する。その時は「特別暴露友情出演」
 ああ、だから一体、友情って何なの?

 

   
   

 

 
 
    「犬系」も読む
     
    ページの一番上へジャンプ