Crystal Palace

・チームデータ

創立:1905年

本拠地:ロンドン

ホームスタジアム(ロンドン):セルハースト・パーク(26309人)

チームの愛称:イーグルス

会長:S・ジョーダン

監督:トレバー・フランシス
   :スティーヴ・ケンバー & テリー・ブリバント

今シーズンの成績:14勝15敗17分け, 勝ち点59(ディビジョン1 14位) 得点:59 失点:52

Player Data 2002/2003

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK マット・クラーク 73-11-03 イングランド ブラッドフォード
13 アレクサンドルス・コリンコ 75-06-18 ラトビア 28 スコント・リガ
30 ランス・クロニン 85-09-11 イングランド なし
33 ニコラオス・ミコプーロス 70-02-20 ギリシャ バーンリー
33 セドリック・バーセリン 76-12-25 フランス ランス

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF カーティス・フレミング 68-10-08 アイルランド 11 ミドルスブラ
ダニー・グランヴィル 75-01-19 イングランド 35 マンチェスター・C
ダニー・バターフィールド 79-11-21 イングランド 46 グリムズビー
キット・サイモンズ 71-03-08 ウェールズ 25 フルハム
トニー・ポポヴィッチ 73-07-04 オーストラリア 36 サンフレッチェ広島
12 ジェイミー・スミス 74-09-17 イングランド ウルヴズ
18 ディーン・オースティン 70-04-26 イングランド トットナム
19 クレイグ・ハリソン 77-11-10 イングランド ミドルスブラ
21 アンドリュー・フランプトン 79-09-03 イングランド なし
24 ウィル・アントゥイ 82-10-19 イングランド なし
25 グレッグ・バーハルター 73-08-01 アメリカ カンブール
27 デイビッド・ハント 82-09-10 イングランド なし
32 ダレン・パウエル 76-03-10 イングランド 39 ブレントフォード
38 ガリー・ボローデイル 85-07-16 イングランド 13 なし
43 サム・トグウェル 84-10-14 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ヘイデン・マリンズ 79-03-27 イングランド 43 なし
10 ショーン・デリー 77-12-06 イングランド 39 ポーツマス
11 ジュリアン・グレイ 79-09-21 イングランド 35 アーセナル
14 スティーブン・トムソン 78-01-23 スコットランド 27 なし
15 アキ・リーヒラハティ 76-09-09 フィンランド 25 ヴォレレンガ
16 トミー・ブラック 79-11-26 イングランド 36 アーセナル
22 ウェイン・ラウトリッジ 85-01-07 イングランド 26 なし
26 ベン・シュリー 82-12-18 イングランド なし
28 ロバート・スミス 83-06-10 イングランド なし
29 ギャビン・ヒールー 84-09-02 モーリシャス なし
42 ベン・ワトソン 85-07-09 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW アンディ・ジョンソン 81-02-10 イングランド 28 11 バーミンガム
ダギー・フリードマン 74-01-21 スコットランド 29 ノッティンガム
17 アンドレイス・ルビンス 78-11-26 ラトビア スコント・リガ
20 スティーヴン・カッバ 81-03-07 イングランド なし
23 ガレス・ウィリアムズ 82-09-10 ウェールズ なし
31 デレ・アデボラ 75-06-23 ナイジェリア 39 バーミンガム
35 ノエル・ウィーラン 74-12-30 イングランド ミドルスブラ
55 アデ・アキンバイ 74-10-10 ナイジェリア 10 レスター
注)試合&得点=2002−03シーズンのディビジョン1(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2002/2003
INOUT
PNameFrom
DF バターフィールド グリムズビー
DF パウエル ブレントフォード
MF デリー ポーツマス
FW ジョンソン バーミンガム
FW アデボラ バーミンガム
GK バーセリン(シーズン途中) ランス
GK ミコプーロス(シーズン途中レンタル) バーンリー
FW ウィーラン(シーズン途中レンタル) ミドルスブラ
PNameTo
GK カラッソ マルセイユ
DF グッディング 不明
MF ホプキン モートン
MF ロジャー ワーキング
MF ケンバー ワーキング
MF ハウエル 不明
FW モリソン バーミンガム
FW ハリス ウィコム
FW キロフスキ バーミンガム
DF オースティン(シーズン途中) ワーキング
DF ハリソン(シーズン途中) 不明
DF フランプトン(シーズン途中) ブレントフォード
DF バーハルター(シーズン途中) コットブス
FW ルビンス(シーズン途中) スパルタク・モスクワ
FW カッバ(シーズン途中) シェフィールド・U
・今シーズンのMVP
ダニー・バターフィールド
今シーズンは46試合に出場(すべてスタメンで出場している)して、1ゴールを決めるなど、 チームの中心選手として素晴らしい活躍を見せた。本来は中盤の選手だが、 シーズン途中にフレミングが故障したこともあり、 右サイドバックも担当する(もともとDFとMFのどちらのポジションでもプレーすることは出来る)ことになった。 フィールドプレイヤーながらも全試合に出場するなど、シーズンを通じて身体面でのコンディションだけでなく、 精神的にもすごく安定していた(イエローカードはわずかに3枚)。来シーズンも今シーズン同様に全試合に出場して、 チームの上位進出に貢献したいところだ。
・今シーズンの総評
今シーズンはシーズンを通じて中位につけるなど、安定した戦いぶりは見せていたものの、 昇格プレーオフ争いにはほとんど加わることが出来ずに、ファンとしてはやや物足りなさの残るシーズンとなった。 その最大の要因は攻撃力の大きな低下にあるといえるだろう。昨シーズンまでチームの攻撃を引っ張っていた モリソン(バーミンガムに移籍)の穴をうまく埋めることが出来なかった。 彼と2トップを組んでいたフリードマンもあまり活躍することが出来ず(20→9ゴール)、 そのことが順位を落としてしまった要因になってしまった。 シーズン途中にフランシス監督を解任するなど、 今シーズンはチームとしてうまく機能していなかったといえるだろう。

2002−03シーズン クリスタルパレス 基本フォーメーション

アデボラ            ジョンソン
 グレイ              マリンズ             デリー               ブラック
  グランビル            パウエル           ポポヴィッチ           バターフィールド
コリンコ