Preston North End

・チームデータ

創立:1881年

本拠地:プレストン

ホームスタジアム(プレストン):ディープデイル(21412人)

チームの愛称:リリーホワイツ、ノースエンド

会長:D・ショー

監督:クレイグ・ブラウン

昨シーズンの成績:20勝14敗12分け, 勝ち点72(ディビジョン1 8位) 得点:71 失点:59

Player List 2002/2003

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK デイヴィッド・ルーカス 77-11-23 イングランド なし
13 アンディ・ロナーガン 83-10-19 イングランド なし
21 テピ・モイラネン 73-12-12 フィンランド FFヤロ
30 ケルハム・オハンロン 62-05-16 アイルランド ダンディー・U
40 ジョナサン・ゴールド 68-07-18 イングランド 25 セルティック

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF グレアム・アレクサンダー 71-10-10 スコットランド ルートン
ブライアン・オニール 72-09-06 スコットランド 19 ダービー
マイケル・ジャクソン 73-12-04 イングランド ベリー
マーロン・ブルームス 77-11-28 イングランド 17 シェフィールド・W
14 コリン・マードック 75-07-02 北アイルランド マンチェスター・U
15 ロブ・エドワーズ 73-07-01 ウェールズ ブリストル・C
20 クリス・ルケッティ 71-09-28 イングランド ハダースフィールド
22 アダム・イートン 80-05-02 イングランド エヴァートン
24 タイロン・ミアーズ 83-02-18 ジャマイカ マンチェスター・C
28 ブライアン・バリー=マーフィー 78-07-27 アイルランド コーク

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ディクソン・エトゥフ 82-06-08 ナイジェリア マンチェスター・C
リー・カートライト 72-09-19 イングランド なし
マーク・ランキン 69-09-30 イングランド ウルヴズ
16 ポール・マッケンナ 77-10-20 イングランド なし
17 エディ・ルイス 74-05-17 アメリカ フルハム
19 マイケル・キーン 82-12-29 アイルランド なし
26 エリック・スコラ 81-08-20 フランス ナンシー
27 アラン・マコーマック 84-01-10 アイルランド なし
33 ジョン・ベイリー 84-07-02 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW リカルド・フラー 79-10-31 ジャマイカ チボリ・ガーデンズ
10 ジョージ・クマンタラキス 74-03-27 南アフリカ FCバーゼル
11 デイヴィッド・ヒーリー 79-08-05 北アイルランド マンチェスター・U
18 パヴェウ・アボット 82-05-05 ポーランド LKSウージ
23 マーク・ライト 81-09-04 イングランド なし
25 リチャード・クレスウェル 77-09-20 イングランド 35 レスター
29 ジョー・オニール 82-10-28 イングランド なし
31 イアン・アンダーソン 77-07-23 スコットランド トゥールーズ
32 トニー・ハラム 83-03-12 イングランド なし
34 サイモン・リンチ 81-09-04 カナダ セルティック
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2001/02シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2002/2003
INOUT
PNameFrom
DF ブルームス シェフィールド・W
DF ミアーズ マンチェスター・C
FW フラー チボリ・ガーデンズ
GK ゴールド(シーズン途中) セルティック
DF B・オニール(シーズン途中) ダービー
MF ルイス(シーズン途中) フルハム
FW クマンタラキス(シーズン途中) FCバーゼル
FW リンチ(シーズン途中) セルティック
PNameTo
MF グレガン WBA
MF グジョンション ラス・パルマス
MF クイン リビングストン
FW ウィンハルド オールダム
FW バシャム オックスフォード
FW ソウ クレテイユ
DF イートン(シーズン途中) マンスフィールド
DF バリー=マーフィー(シーズン途中) シェフィールド・W
FW ハラム(シーズン途中) モアカム
・注目のプレイヤー
リカルド・フラー
今シーズン、ジャマイカのティボリ・ガーデンズから50万ポンドで加入したストライカー。 昨シーズンはスコッティシュ・プレミアリーグのハーツにレンタル移籍していた(27試合で8ゴール)が、 今シーズンはプレストンに正式に移籍することになった。 2シーズン前にクリスタルパレスに在籍していた時は、あまり活躍することが出来なかった(8試合で0ゴール=シーズン途中から加入)だけに、 本人も雪辱を晴らしたいという意識が高いだろう。
・戦力分析
昨シーズンはシーズン途中にモイズ監督がエバートンに転任し、 エースのマッケンもマンチェスター・Cに移籍するなど、 ピッチ外のことがチームに大きな影響を与えてしまった。 ただ、これだけのことがありながら、 最終的には8位でシーズンを終えただけに、 戦力的には十分にプレミアリーグ昇格を狙えるチームといえるだろう。 昨シーズンも不安定だったディフェンスラインからセンターバックのグレガンが抜けた穴を、 ブラウン新監督がどのように埋めるのかが大きなポイントになるだろう。

2002−03シーズン プレストン 予想フォーメーション

クレスウェル            ヒーリー
アンダーソン            ランキン            マクケンナ            カートライト
エドワーズ            マードック            ルケッティ            アレクサンダー
モイラネン