Wimbledon

・チームデータ

創立:1889年

本拠地:ロンドン

ホームスタジアム(ロンドン):セルハースト・パーク(26400人)

チームの愛称:ドンズ

会長:B・R・ギジェルステン

監督:スチュアート・マードック

昨シーズンの成績:18勝15敗13分け, 勝ち点67(ディビジョン1 9位) 得点:63 失点:57

Player List 2002/2003

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ケルヴィン・デイヴィス 76-09-29 イングランド ルートン
13 ポール・ヒールド 68-09-20 イングランド 24 シェフィールド・W
30 シェイン・ゴア 81-10-28 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ピーター・ホウキンス 78-09-18 イングランド なし
クリス・ウィルモット 77-09-30 イングランド ルートン
マーク・ウィリアムズ 70-09-28 北アイルランド 22 ワトフォード
ダレン・ホロウェイ 77-10-03 イングランド 20 サンダーランド
12 トロント・アンデルセン 75-01-06 ノルウェー 36 モルデ
19 ベン・チョーリー 82-09-30 イングランド アーセナル
20 ミケーレ・レイジャートウッド 82-11-12 アンティグア・バーブーダ なし
21 ダンカン・ジャップ 75-01-25 スコットランド 24 フルハム
24 ジャーメイン・ダーリントン 74-04-11 イングランド QPR
25 デス・バーン 81-04-10 アイルランド セント・パトリックス
25 ディーン・ルイントン 84-05-18 イングランド なし
27 ヘイッキ・ハーラ 82-11-20 フィンランド なし
28 マルビン・カマラ 83-11-17 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ギャレス・アインズワース 73-05-10 イングランド 10 ポート・ヴェイル
ジョビ・マカナフ 81-11-09 ジャマイカ なし
ダミアン・フランシス 79-02-27 ジャマイカ 11 なし
17 アダム・ノウランド 81-07-06 イングランド ブラックプール
21 ニコ・ヘルジグ 83-12-10 ドイツ なし
22 ロバート・ギア 81-01-06 フィリピン なし
23 アレックス・タップ 82-06-07 イングランド なし
26 ナイジェル・レオ=コーカー 84-05-14 イングランド なし
27 マイケル・ゴードン 84-10-11 イングランド なし
28 パー・カールソン 78-05-29 スウェーデン ヨーテボリ
マイケル・ヒューズ 71-08-02 北アイルランド 160 13 バーミンガム
イアン・セリー 74-06-14 イングランド 42 サウスエンド

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW ニール・シッパリー 74-10-30 イングランド 148 27 バーンズリー
10 デイヴィッド・コノリー 77-06-06 アイルランド フェイエノールト
11 パトリック・アギェマン 80-09-29 ガーナ なし
14 ライオネル・モーガン 83-02-17 イングランド なし
18 ウェイン・グレイ 80-11-07 イングランド なし
19 ポール・ロビンソン 78-11-20 イングランド 11 ニューキャッスル
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2001/02シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2002/2003
INOUT
PNameFrom
DF チョーリー(シーズン途中) アーセナル
PNameTo
GK フェウアー トランメア
DF カニンガム バーミンガム
DF キンブル ルートン
DF ブラックウェル ブライトン
MF ロバーツ ミルウォール
MF アードリー ワトフォード
MF ミルド ヨーテボリ
DF ジャップ(シーズン途中) ノッツ・カウンティ
DF バーン(シーズン途中) カーライル
DF ハーラ(シーズン途中) FCヨケリト
MF アインズワース(シーズン途中) カーディフ
MF カールソン(シーズン途中) エルフスボリ
FW ロビンソン(シーズン途中) ブラックプール
・注目のプレイヤー
デイビッド・コノリー
昨シーズン、フェイエノールトからフリー・トランスファーで加入したアイルランド代表のストライカー。 昨シーズンは35試合に出場し、18ゴールを決めるなど、 チームのエースストライカーとして素晴らしい活躍を見せた。 2トップを組むシッパリーとのコンビネーションも良く、 昨シーズンは2人で30ゴールを決めるなど、 チームにとっては欠かせない存在になっている。
・戦力分析
昨シーズンは9位に終わり、残念ながら昇格プレーオフには出場できなかった。 カミンガム、アードリー、ヒューズといった昨シーズンまでのレギュラー選手を大量に放出したにも関わらず、 新たな選手を全く補強していないために、戦力的にはかなり落ちたといえるだろう。 昨シーズンも素晴らしい活躍を見せたコノリーとシッパリーの2トップを中心とした攻撃陣が、 チームをどこまで引っ張っていけるかが大きなポイントになるだろう。

2002−03シーズン ウィンブルドン 予想フォーメーション

コノリー            シッパリー
ノーランド            アンデルセン           フランシス            マカナフ
ホーキンス            ウィルモット            ホロウェイ            ダーリントン
デイビス