Chelsea

・チームデータ

創立:1905年

本拠地:ロンドン

ホームスタジアム(ロンドン):スタンフォード・ブリッジ(42420人)

チームの愛称:ブルーズ

会長:K・W・ベイツ
   :R・アブラモビッチ

監督:クラウディオ・ラニエリ

今シーズンの成績:24勝7敗7分け, 勝ち点79(2位) 得点:67 失点:30

ホームでの成績:12勝3敗4分け, 勝ち点40(3位) 得点:34 失点:13

アウェイでの成績:12勝4敗3分け, 勝ち点39(2位) 得点:33 失点:17

今シーズンのチーム得点王:ハッセルバインク(13ゴール)

Player Data 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK 23 カルロ・クディチーニ 73-09-06 イタリア 26 カステル・ディ・サングロ
31 マルコ・アンブロシオ 73-05-30 イタリア キエーボ・ベローナ
34 ニール・サリヴァン 70-02-24 スコットランド トットナム
35 ユルゲン・マッホ 77-08-24 オーストリア サンダーランド
40 レニー・ピッジリー 84-02-07 イングランド なし
50 イヴ・マカバ・マカランビー 86-01-31 コンゴ民主共和国 PSVアイントホーフェン

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF グレン・ジョンソン 84-08-23 イングランド 19 ウェストハム
セレスティン・ババヤロ 78-08-29 ナイジェリア アンデルレヒト
マルセル・デサイー 68-09-07 フランス 15 ミラン
13 ウィリアム・ギャラス 77-08-17 フランス 29 マルセイユ
15 マリオ・メルヒオット 76-11-04 オランダ 23 アヤックス
18 ウェイン・ブリッジ 80-08-05 イングランド 33 サウサンプトン
26 ジョン・テリー 80-12-07 イングランド 33 なし
29 ロベルト・フート 84-08-18 ドイツ 16 ウニオン・ベルリン
33 ジョエル・キタミリケ 84-04-05 ウガンダ なし
38 ヴァレリオ・ディ・チェーザレ 83-05-23 イタリア なし
41 ウィンストン・ボハルデ 70-10-22 オランダ バルセロナ

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF クロード・マケレレ 73-02-18 フランス 30 レアル・マドリード
フランク・ランパード 78-06-20 イングランド 38 10 ウェストハム
10 ジョー・コール 81-11-08 イングランド 35 ウェストハム
11 ダミアン・ダフ 79-03-02 アイルランド 23 ブラックバーン
12 マリオ・スタニッチ 72-04-10 クロアチア パルマ
14 ジェレミ 78-12-20 カメルーン 25 レアル・マドリード
17 エマニュエル・プティ 70-09-22 フランス バルセロナ
19 スコット・パーカー 80-10-13 イングランド 11 チャールトン
20 フアン・セバスティアン・ベロン 75-03-09 アルゼンチン マンチェスター・U
24 ボウデヴィン・ゼンデン 76-08-15 オランダ バルセロナ
27 アレクシス・ニコラス 83-02-13 キプロス なし
28 フィリペ・オリヴェイラ 84-05-27 ポルトガル ポルト
30 イェスパー・グレンケア 77-08-12 デンマーク 31 アヤックス
36 ジョー・キーナン 82-10-14 イングランド なし
37 セバスティアン・クナイスル 83-01-13 ドイツ なし
41 クレイグ・ロキャッスル 81-08-17 イングランド キングストニアン
アレクセイ・スメルティン 75-05-01 ロシア ボルドー

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW アドリアン・ムトゥ 79-01-08 ルーマニア 25 パルマ
ジミー・フロイド・ハッセルバインク 72-03-27 オランダ 30 13 アトレティコ・マドリード
21 エルナン・クレスポ 75-07-05 アルゼンチン 19 10 インテル・ミラノ
22 エイドゥル・グジョンセン 78-09-15 アイスランド 26 ボルトン
32 ミカエル・フォルセル 81-03-15 フィンランド HJKヘルシンキ
39 カールトン・コール 83-10-12 イングランド なし
ガブリエレ・アンブロセッティ 73-08-07 イタリア ヴィチェンツァ
注)試合&得点=2003−04シーズンのプレミアリーグ(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
GK アンブロシオ キエーボ・ベローナ
GK マッホ サンダーランド
GK マカランビー PSVアイントホーフェン
DF ジョンソン ウェストハム
DF ブリッジ サウサンプトン
MF マケレレ レアル・マドリード
MF J・コール ウェストハム
MF ダフ ブラックバーン
MF ジェレミ レアル・マドリード
MF ベロン マンチェスター・U
MF ロキャッスル キングストニアン
MF スメルティン ボルドー
FW ムトゥ パルマ
FW クレスポ インテル・ミラノ
GK サリヴァン(シーズン途中) トットナム
MF パーカー(シーズン途中) チャールトン
PNameTo
GK デ・フーイ ストーク
GK エヴァンス スウィンドン
DF フェレール 引退
DF ル・ソー サウサンプトン
DF アニス パーティック
DF ダ・シルバ 不明
DF カミングス ボーンマス
MF モリス リーズ
MF デ・ルーカス アラベス
FW ゾラ カリアリ
FW ブスファ 不明
FW ウォレアストン ブラッドフォード
FW ナイト ブライトン
・今シーズンのMVP
フランク・ランパード
今シーズンは全38試合にスタメン出場を果たし10ゴールを決めるなど、 チームの中心的な存在として素晴らしい活躍を見せた。 これまでも素晴らしい活躍をしていたが、今シーズンはマケレレが後方でカバーしていたこともあり、 これまで以上に攻撃の部分で能力を発揮することができていた。イングランド代表としても今シーズンのチェルシーでの活躍が認められて、 ようやくレギュラーポジションを獲得するなど、彼にとっては素晴らしいシーズンを送ったといえるだろう。
・今シーズンの総評
今シーズンのチェルシーはシーズンの途中(12月ごろ)までは、 アーセナルと並行するなど、優勝を狙える位置にいたものの、 その後はやや失速した時期もあり、最終的には2位という順位でシーズンを終了した。 リーグで2位、チャンピオンズ・リーグでベスト4など、 それなりの成績は残したが、残念ながらタイトルを獲得することができなかった。 シーズン開幕前に多くの選手を獲得したものの、役に立った選手があまりいないこと(ブリッジ、マケレレだけしか活躍していない)や、 両サイドの層の薄さ(グレンケア、ダフの控えが全くいない)などが、アーセナルとの差につながっていた。 来シーズンはラニエリからモウリーニョに監督が交代することになったが、 選手やサポーターから支持されていたラニエリの退任は、果たしてプラスに出るのだろうか?

2003−04シーズン チェルシー 基本フォーメーション

ムトゥ            ハッセルバインク
ダフ            マケレレ            ランパード            グレンケア
ブリッジ            テリー            ギャラス            メルヒオット
クディチーニ