Everton

・チームデータ

創立:1878年

本拠地:リバプール

ホームスタジアム(リバプール):グディソン・パーク(40157人)

チームの愛称:トフィーズ

会長:P・カーター

監督:デイヴィッド・モイーズ

今シーズンの成績:9勝17敗12分け, 勝ち点39(17位) 得点:45 失点:57

ホームでの成績:8勝6敗5分け, 勝ち点29(11位) 得点:27 失点:20

アウェイでの成績:1勝11敗7分け, 勝ち点10(19位) 得点:18 失点:37

今シーズンのチーム得点王:ルーニー(9ゴール)

Player Data 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK リチャード・ライト 77-11-05 イングランド アーセナル
13 スティーヴ・シモンセン 79-04-03 イングランド トランメア
25 ナイジェル・マーティン 66-08-11 イングランド 34 リーズ
35 ポール・ジェラード 73-01-22 イングランド オールダム
37 イアン・ターナー 84-01-26 スコットランド スターリング

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF スティーヴ・ワトソン 74-04-01 イングランド 24 アストン・ヴィラ
アレッサンドロ・ピストーネ 75-07-27 イタリア 21 ニューキャッスル
アラン・スタッブス 71-10-06 イングランド 27 セルティック
デイヴィッド・ウィア 70-05-10 スコットランド 10 ハーツ
デイヴィッド・アンズワース 73-10-16 イングランド 26 アストン・ヴィラ
15 ギャリー・ネイスミス 78-11-16 スコットランド 29 ハーツ
20 ジョセフ・ヨボ 80-09-06 ナイジェリア 28 マルセイユ
27 ピーター・クラーク 82-01-03 イングランド なし
28 トニー・ヒバート 81-02-20 イングランド 25 なし
34 ショーン・オハンロン 83-01-02 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ニクラス・アレクサンデション 71-12-29 スウェーデン シェフィールド・W
11 マーク・ペンブリッジ 70-11-28 ウェールズ ベンフィカ
12 李 鉄 77-09-18 中国 遼寧撫順
14 ケヴィン・キルバーン 77-02-01 アイルランド 30 サンダーランド
16 トーマス・グラヴェセン 76-03-11 デンマーク 30 ハンブルガーSV
17 スコット・ゲミル 71-01-02 スコットランド ノッティンガム
21 アレックス・ニャルコ 73-10-15 ガーナ 11 パリSG
22 トビアス・リンデロート 79-04-21 スウェーデン 27 スターベク
26 リー・カーズリー 74-02-28 アイルランド 21 コヴェントリー
31 レオン・オスマン 81-05-17 イングランド なし
36 アラン・ムーガン 84-04-22 イングランド なし
39 スティーブン・シューマッハ 84-04-30 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW トマシュ・ラジンスキ 73-12-14 カナダ 34 アンデルレヒト
ケヴィン・キャンベル 70-02-04 イングランド 17 トラブゾンスポル
10 ダンカン・ファーガソン 71-12-27 スコットランド 20 ニューキャッスル
11 フランシス・ジェファーズ 81-01-25 イングランド 18 アーセナル
18 ウェイン・ルーニー 85-10-24 イングランド 34 なし
23 パトリッツィオ・パスクッチ 85-11-25 イタリア ラツィオ
24 ジェームズ・マクファデン 83-04-14 スコットランド 23 マザーウェル
30 ニック・チャドウィック 82-10-26 イングランド なし
38 マイケル・シムズ 83-10-31 イングランド なし
注)試合&得点=2003−04シーズンのプレミアリーグ(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
GK ターナー スターリング
MF ニャルコ パリSG
FW パスクッチ ラツィオ
GK マーティン(シーズン途中) リーズ
MF キルバーン(シーズン途中) サンダーランド
FW マクファデン(シーズン途中) マザーウェル
FW ジェファーズ(シーズン途中レンタル) アーセナル
PNameTo
GK バードセン 引退
DF ピルキントン ポートベイル
MF ロドリゴ 不明
MF マクロード QPR
DF オハンロン(シーズン途中) スウィンドン
MF ペンブリッジ(シーズン途中) フルハム
・今シーズンのMVP
ウェイン・ルーニー
今シーズンは34試合に出場して9ゴールを決める活躍を見せて、チームのプレミアリーグに大きく貢献した。 今シーズンのエバートンはシーズンを通じて全く調子の上がらない状態だったが、 そんな悪いチーム状態の中でも安定した活躍を見せていたのは、さすがにイングランド代表に選ばれている選手といったところだろうか。 シーズン終了後に行われたEUROでも素晴らしい活躍を見せる(準々決勝のポルトガル戦で怪我をしたのは本当に残念だったが)など、 これからもさらに素晴らしい選手に成長することを期待したいところだ。
・今シーズンの総評
昨シーズンは7位という素晴らしい成績を残しただけに、 今シーズンも上位進出が期待されたが、シーズンを通じて下位に低迷し、 最終的には17位というギリギリの成績でなんとかプレミアリーグ残留を果たすことになった。 その最大の要因といえるのが、アウェイでの弱さにあるといえるだろう。 今シーズンはホームでもあまり良い成績を上げることができなかったが、 アウェイでは特に酷く、わずかに1勝(ポーツマスに2−1で勝利/ちなみにこの試合もルーニーがレッドカードで退場してもおかしくないプレーをした後にゴールを決めるなど、微妙な試合だったが) しかできないという状態では下位に低迷するのは当然といえるだろう。 また、チーム内得点王がルーニーの9ゴールという状態でもわかるように、 今シーズンのエバートンは攻守両面共に課題が山積していた。

2003−04シーズン エバートン 基本フォーメーション

ルーニー            ラジンスキ
キルバーン            リンデロート            グラヴェセン            ワトソン
ネイスミス             スタッブス              ヨボ             ヒバート
マーティン