Gillingham

・チームデータ

創立:1893年

本拠地:ジリンガム

ホームスタジアム(ジリンガム):プリーストフィールド・スタジアム(10952人)

チームの愛称:ジルズ

会長:P・D・P・スカリー

監督:アンディ・ヘッセンサラー

昨シーズンの成績:16勝16敗14分け, 勝ち点62(ディビジョン1 11位) 得点:56 失点:65

Player List 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ヴィンス・バートラム 68-08-07 イングランド 11 アーセナル
スティーブ・バンクス 72-02-09 イングランド ウィンブルドン
12 バートランド・ボッス 80-10-14 フランス ヘイエズ
13 ジェイソン・ブラウン 82-05-18 ウェールズ チャールトン
23 ダニー・ノールズ 86-01-07 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ナイロン・ノスワーシー 80-10-11 ジャマイカ なし
ジョン・ヒルズ 78-04-21 イングランド ブラックプール
バリー・アシュビー 70-11-21 イングランド ブレントフォード
イアン・コックス 71-03-25 トリニダード・トバゴ 11 バーンリー
16 リチャード・ローズ 82-09-08 イングランド なし
17 アンドリュー・クロフツ 84-05-20 ウェールズ なし
18 クリス・ホープ 72-11-14 イングランド スカンソープ
26 デイヴィッド・パーペトゥイニ 79-09-26 イングランド 13 ワトフォード
28 ディーン・ベックウィス 83-09-18 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ポール・スミス 71-09-18 イングランド ブレントフォード
ニッキー・サウスオール 72-01-28 イングランド 18 ボルトン
アンディ・ヘッセンサラー 65-08-17 イングランド ワトフォード
14 レオン・ジョンソン 81-05-10 イングランド サウスエンド
15 マーク・ソーンダース 71-07-23 イングランド プリマス
21 マシュー・ジャーヴィス 86-05-22 イングランド なし
22 ダニー・スピラー 81-10-10 イングランド なし
24 ジョン・ウォリス 86-04-04 イングランド なし
25 アラン・パウトン 77-02-01 イングランド グリムズビー
31 アシュリー・カリュー 不明 イングランド なし
マイケル・フィリップス 83-01-22 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW マーロン・キング 80-04-26 ジャマイカ バーネット
ダリウス・ヘンダーソン 81-09-07 イングランド レディング
10 ポール・ショー 73-09-04 イングランド 12 ミルウォール
10 パトリック・アギェマン 80-09-29 ガーナ ウィンブルドン
11 トミー・ジョンソン 71-01-15 イングランド 60 13 キルマーノック
19 ロッド・ウォレス 69-10-02 イングランド 197 45 ボルトン
20 ケヴィン・ジェイムズ 80-01-03 イングランド チャールトン
27 ジョーンズ・アワー 83-10-07 ガーナ なし
29 ママディ・シディベ 79-12-18 マリ スウォンシー
34 ガリー・ウェールズ 79-01-04 スコットランド ハーツ
アクワシ・エドゥセイ 不明 不明 なし
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2002/03シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
GK ボッス ヘイエズ
DF ヒルズ ブラックプール
DF コックス バーンリー
GK バンクス(シーズン途中) ウィンブルドン
MF パウトン(シーズン途中) グリムズビー
FW ヘンダーソン(シーズン途中) レディング
FW アギェマン(シーズン途中) ウィンブルドン
FW ウェールズ(シーズン途中) ハーツ
PNameTo
DF エッジ ハイバーニアン
DF ホワイト イーストボーン
MF グッデン 不明
MF オズボーン ウォルソール
FW イプア リビングストン
GK バートラム(シーズン途中) 引退
FW キング(シーズン途中) ノッティンガム
FW ショー(シーズン途中) シェフィールド・U
・注目のプレイヤー
イアン・コックス
今シーズン、バーンリーからフリー・トランスファーで加入した元トリニダード・トバゴ代表のセンターバック。 昨シーズンまではバーンリーでディフェンスの中心選手としてプレーしていたが、 今シーズンからジリンガムでプレーすることになった。 これまでにクリスタルパレス、ボーンマス、バーンリーで通算303試合に出場するなど、 非常に経験も豊富な選手なだけに、彼を中心にして昨シーズンはあまり安定していなかったジリンガムのディフェンスをうまく立て直したいところである。
・戦力分析
昨シーズンはシーズンを通じて安定した戦いを見せて、最終的には11位という成績でシーズンを終了した。 今シーズンは、エッジ、イプアを放出し、ヒルズ、コックスを獲得したが、 戦力的にはあまり大きな変化はないといえるだろう。 しかし、全体的に選手層が薄いチームなだけに、今シーズンもプレミアリーグ昇格よりも、 ディビジョン1残留がとりあえずの目標になるだろう。 昨シーズンまで不安定だった守備陣を新加入の2人を中心に上手く立て直すことが出来るかが、 チームの成績を大きく左右することになりそうだ。

2003−04シーズン ジリンガム 予想フォーメーション

ショー            キング
パーペトゥイニ            スピラー          ヘッセンサラー          サウスオール
ヒルズ              ホープ            コックス            ノスワーシー
J・ブラウン