Leeds United

・チームデータ

創立:1919年

本拠地:リーズ

ホームスタジアム(リーズ):エランド・ロード・スタジアム(39460人)

チームの愛称:ユナイテッド

会長:J・マッケンジー
   :G・クラスナー

監督:ピーター・リード
   :エディ・グレイ

昨シーズンの成績:14勝19敗5分け, 勝ち点47(15位) 得点:58 失点:57

Player List 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ポール・ロビンソン 79-10-15 イングランド 59 なし
15 ナイジェル・マーティン 66-08-11 イングランド 286 クリスタル・パレス
26 ダニー・ミロシェヴィッチ 78-06-26 オーストラリア パース・グローリー
40 スコット・カーソン 85-09-03 イングランド なし
41 ショーン・アラウェイ 83-02-16 イングランド レディング

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ギャリー・ケリー 74-07-09 アイルランド 288 ホーム・ファーム
イアン・ハート 77-08-31 アイルランド 190 27 なし
ルーカス・ラデベ 69-04-12 南アフリカ 183 カイザー・チーフス
21 ドミニク・マッテオ 74-04-28 スコットランド 209 リヴァプール
22 マイケル・デュベリー 75-10-14 イングランド 121 チェルシー
34 フレイザー・リチャードソン 82-10-29 イングランド なし
36 マシュー・キルガロン 84-01-08 イングランド なし
ダニー・ミルズ 77-05-18 イングランド 137 チャールトン

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ジョディ・モリス 78-12-22 イングランド 124 チェルシー
ニック・バームビー 74-02-11 イングランド 296 52 リヴァプール
14 スティーヴン・マクフェイル 79-12-09 アイルランド 66 なし
16 ジェイソン・ウィルコックス 71-07-15 イングランド 267 31 ブラックバーン
19 アイリク・バッケ 77-09-13 ノルウェー 119 ソグナル
20 セス・ジョンソン 79-03-12 イングランド 96 ダービー
23 デイヴィッド・バッティ 68-12-12 イングランド 254 ニューキャッスル
25 アーロン・レノン 87-04-16 イングランド なし
27 マーティン・ウッズ 86-01-01 スコットランド なし
28 ジェイミー・マクマスター 82-11-29 オーストラリア コベントリー
37 ポール・キーガン 84-07-05 アイルランド なし
38 ジェイムズ・ミルナー 86-01-04 イングランド 18 なし
ハーパル・シン 81-09-15 インド なし
スティーブン・ファーガソン 83-02-25 イングランド ハイド・U

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW マイケル・ブリッジス 78-08-05 イングランド 71 22 サンダーランド
マーク・ヴィドゥカ 75-10-09 オーストラリア 100 48 セルティック
17 アラン・スミス 80-10-28 イングランド 137 29 なし
39 サイモン・ジョンソン 83-03-09 イングランド なし
クレイグ・スタインス 84-07-31 ウェールズ スウォンシー
ジェイミー・ウィンター 85-08-04 スコットランド なし
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2002/03シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
MF モリス チェルシー
PNameTo
DF キャンスデル=シェリフ オーフス
MF ダクール ローマ
MF オコン KVオーステンド
MF バーンズ バーンズリー
FW キューウェル リヴァプール
GK マーティン(シーズン途中) エヴァートン
GK ミロシェヴィッチ(シーズン途中) セルティック
MF モリス(シーズン途中) ロザラム
・注目のプレイヤー
アラン・スミス
リーズのトレイニー出身の元イングランド代表のストライカー。 昨シーズンはチーム事情もあり、ベナブルズ監督時代は主に右サイドでプレーしてために、 あまり活躍することが出来ずに苦しんだが、シーズン途中にリードが就任してからは、 ようやく本来のポジションであるFWでプレーするようになり、 調子を取り戻すことが出来た。リーズはチームの財政的な問題もあり、 全盛期だったころの主力選手を大量に放出し、戦力的には大きく低下してしまっただけに、 リーズのトレイニー出身の彼にかかる期待はこれまで以上に大きなものになるだろう。
・戦力分析
昨シーズンはシーズンの開幕直後こそ良かったものの、シーズンの中盤からは完全に失速し、 最終的には15位でなんとかプレミアリーグに残留することに成功した。 今シーズンはチームの柱的な存在であったキューウェルをリバプールに放出し、 代わりにレンタルで多くの選手(カマラ、R・ジュニオール、ドミ、ペナント、オレンベ、サコ、シャピュイ)を獲得することになった。 チームの財政的な事情であまり戦力を補強することは出来ないが、 それでもレンタルで多くの選手を獲得したことはチームにとってはまずまずの結果といえる。 しかし多くの選手が入れ替わったことに加えて、レンタルで獲得した大部分の選手がプレミアリーグ初挑戦となるだけに、 今シーズンもあまり良い成績は期待できないだろう。リード監督の手腕がチームの成績を大きく左右することになりそうだ。

2003−04シーズン リーズ 予想フォーメーション

スミス            ヴィドゥカ
サコ            セス・ジョンソン            モリス            ペナント
ハート               マッテオ            カマラ               ケリー
ロビンソン