Norwich City

・チームデータ

創立:1902年

本拠地:ノリッジ

ホームスタジアム(ノリッジ):キャロウ・ロード(25500人)

チームの愛称:キャナリーズ

会長:R・ムンビー

監督:ナイジェル・ワージントン

今シーズンの成績:28勝8敗10分け, 勝ち点94(ディビジョン1 優勝) 得点:79 失点:39

Player Data 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ロバート・グリーン 80-01-18 イングランド 46 なし
12 ポール・クライトン 68-10-03 イングランド バーンリー
28 ジョー・ルイス 87-10-06 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF キース・ブリッグス 81-12-11 イングランド ストックポート
アダム・ドゥルリー 78-08-29 イングランド 42 ピーターバラ
マルキー・マッケイ 72-02-19 スコットランド 45 セルティック
クレイグ・フレミング 71-10-06 イングランド 46 オールダム
11 ジム・ブレナン 77-05-08 カナダ 15 ノッティンガム
17 マーク・エドウォージー 72-12-24 イングランド 43 ウルヴズ
24 ジェイソン・シャッケル 83-09-27 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF フィル・ミュルリン 78-01-01 北アイルランド 34 マンチェスター・U
ギャリー・ホルト 73-03-09 スコットランド 46 キルマーノック
15 マーク・リヴァーズ 75-11-26 イングランド 12 クルー
16 クリント・イーストン 78-05-10 イングランド 10 ワトフォード
20 ダミアン・フランシス 79-02-27 ジャマイカ 41 ウィンブルドン
21 ディーン・シンクレア 84-12-17 イングランド なし
25 ケヴィン・クーパー 75-02-08 イングランド 10 ウルヴズ
26 ケビン・ハーパー 76-01-15 スコットランド ポーツマス

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW デイヴィッド・ニールセン 76-12-01 デンマーク ウィンブルドン
ダレン・ハッカビー 76-04-23 イングランド 36 14 マンチェスター・C
イワン・ロバーツ 68-06-26 ウェールズ 41 ウルヴズ
10 ゼマ・アビー 77-04-17 イングランド ケンブリッジ・U
14 アレックス・ノットマン 79-12-10 スコットランド マンチェスター・U
14 レオン・マッケンジー 78-05-17 イングランド 18 ピーターバラ
18 ポール・マクヴェイ 77-12-06 北アイルランド 44 トットナム
19 エルビス・ハモンド 80-10-06 ガーナ フルハム
19 マティアス・スヴェンソン 74-09-24 スウェーデン 20 チャールトン
22 イアン・ヘンダーソン 85-01-24 イングランド 19 なし
23 ライアン・ジャービス 86-07-11 イングランド 12 なし
25 ピーター・クラウチ 81-01-30 イングランド 15 アストン・ビラ
注)試合&得点=2003−04シーズンのディビジョン1(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
DF ブレナン ノッティンガム
DF エドウォージー ウルヴズ
MF フランシス ウィンブルドン
FW ハッカビー(シーズン途中) マンチェスター・C
FW マッケンジー(シーズン途中) ピーターバラ
FW スヴェンソン(シーズン途中) チャールトン
MF クーパー(シーズン途中レンタル) ウルヴズ
MF ハーパー(シーズン途中レンタル) ポーツマス
FW ハモンド(シーズン途中レンタル) フルハム
FW クラウチ(シーズン途中レンタル) アストン・ビラ
PNameTo
DF ケントン サウサンプトン
DF エンブレン ウォルソール
DF ネーデルガード オーデンセ
DF ヘキンボサム ブラッドフォード
MF ルウェリン レックスハム
MF ラッセル ストーク
FW ニールセン(シーズン途中) アールボー
FW ノットマン(シーズン途中) キングスリン
・今シーズンのMVP
ロバート・グリーン
今シーズンは全46試合に出場するなど、チームのプレミアリーグ昇格に大きく貢献した。 今シーズンのノーリッジはディビジョン1で最高のディフェンス(総失点39はリーグ最少)を誇っていたが、 その最大の立役者といえるのが、GKのグリーンといえるだろう。 今シーズンの活躍で3月31日のスウェーデン戦ではイングランド代表にも召集されるなど、 素晴らしいシーズンを過ごしたといえるだろう。 来シーズンはプレミアリーグで戦うことになるが、 チームのプレミアリーグ残留のためには彼の活躍が必要不可欠になるだろう。
・今シーズンの総評
今シーズンはシーズン中盤からWBAと首位を争い、最終的にはディビジョン1優勝という成績でプレミアリーグ昇格を果たした。 その最大のポイントといえるのが、シーズンを通じてのメンバーの固定化に成功したことである。 今シーズンのノーリッジは9人の選手(下記の表のマーリンとロバーツ以外)が35試合以上に先発出場をするなど、 チームとしてとてもうまくまとまっていたことが好成績を挙げた要因となった。来シーズンはプレミアリーグで戦うことになるが、 全体的に層が薄く、特にFWはハッカビー、スベンションくらいしか計算できる選手がいないだけに、 プレミアリーグ残留をするには、確実に計算できるFWを中心に全体的に補強をする必要があるといえそうだ。

2003−04シーズン ノーリッジ 基本フォーメーション

ロバーツ            ハッカビー
マクヴェイ            ホルト            フランシス            マーリン
ドルーリー            フレミング            マッケイ            エドウォージー
グリーン