Wimbledon

・チームデータ

創立:1889年

本拠地:ロンドン→ミルトンキーンズ

ホームスタジアム(ロンドン):セルハースト・パーク(26400人)

ホームスタジアム(ミルトンキーンズ):ナショナル・ホッケー・スタジアム(9000人)

チームの愛称:ドンズ

会長:B・R・ギジェルステン
   :C・コッペル

監督:スチュアート・マードック

昨シーズンの成績:18勝17敗11分け, 勝ち点65(ディビジョン1 10位) 得点:76 失点:73

Player List 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK スティーブ・バンクス 72-02-09 イングランド ストーク
スコット・ビヴァン 79-09-19 イングランド サウサンプトン
12 デイビッド・マーティン 不明 イングランド なし
13 ポール・ヒールド 68-09-20 イングランド 24 シェフィールド・W
30 シェイン・ゴア 81-10-28 イングランド なし
30 リー・ウォーガン 83-12-01 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ウォーレン・バートン 69-03-19 イングランド 279 10 QPR
ピーター・ホウキンス 78-09-18 イングランド なし
ニック・マッコイ 86-09-03 イングランド なし
マーク・ウィリアムズ 70-09-28 北アイルランド 22 ストーク
ダレン・ホロウェイ 77-10-03 イングランド 20 サンダーランド
17 ショラ・オイエデル 不明 イングランド なし
19 ベン・チョーリー 82-09-30 イングランド アーセナル
20 ミケーレ・レイジャートウッド 82-11-12 アンティグア・バーブーダ なし
24 ジャーメイン・ダーリントン 74-04-11 イングランド QPR
25 ディーン・ルイントン 84-05-18 イングランド なし
28 マルビン・カマラ 83-11-17 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ジョビ・マカナフ 81-11-09 ジャマイカ なし
ハリー・ヌティムバン・ゼフ 不明 フランス SCエスピーニョ
ウェイド・スモール 84-02-23 イングランド なし
15 アルバート・ジャレット 84-10-23 シエラレオネ なし
17 アダム・ノウランド 81-07-06 イングランド ブラックプール
21 ニコ・ヘルジグ 83-12-10 ドイツ なし
22 ロバート・ギア 81-01-06 フィリピン なし
23 アレックス・タップ 82-06-07 イングランド なし
26 ナイジェル・レオ=コーカー 84-05-14 イングランド なし
26 ジェイソン・パンチョン 86-06-26 イングランド なし
27 マイケル・ゴードン 84-10-11 イングランド なし
29 ベン・ハーディング 84-09-06 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW スコット・マクドナルド 83-08-21 オーストラリア ボーンマス
10 ディーン・ホールズワース 68-11-08 イングランド 228 63 ラシュデン
11 パトリック・アギェマン 80-09-29 ガーナ なし
14 ライオネル・モーガン 83-02-17 イングランド なし
16 ジェイミー・マッキー 85-09-22 スコットランド なし
18 ウェイン・グレイ 80-11-07 イングランド なし
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2002/03シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
GK バンクス ストーク
FW マクドナルド ボーンマス
FW ホールズワース ラシュデン
GK ビヴァン(シーズン途中) サウサンプトン
DF バートン(シーズン途中) QPR
MF ヌティムバン・ゼフ(シーズン途中) スポルティング・クラブ・エスピーニョ
PNameTo
GK デイヴィス イプスウィッチ
DF ウィルモット ノーサンプトン
DF アンデルセン オールボー
MF フランシス ノーリッジ
MF ヒューズ クリスタルパレス
MF セリー ワーキング
FW シッパリー クリスタルパレス
FW コノリー ウェストハム
GK バンクス(シーズン途中) ジリンガム
DF レイジャートウッド(シーズン途中) クリスタルパレス
MF マカナフ(シーズン途中) ウェストハム
MF ノウランド(シーズン途中) ウェストハム
MF レオ=コーカー(シーズン途中) ウェストハム
FW マクドナルド(シーズン途中) マザーウェル
FW アギェマン(シーズン途中) ジリンガム
・注目のプレイヤー
ディーン・ホールズワース
今シーズン、ルシュデンからフリー・トランスファーで加入したイングランド人ストライカー。 昨シーズンはボルトン、コベントリー、ルシュデンの3チームでプレーしたが、 あまり良い結果を残すことが出来なかった(3チームで合計33試合に出場して2ゴール/2ゴールはルシュデンで決めている)。 かつてウィンブルドンに在籍していた時(1992−93シーズンから1996−97シーズンの途中まで)には、 169試合に出場して58ゴールを決める活躍を見せているが、 年齢的にもそこまでの活躍を期待するのは難しいだろう。 しかし、全体的に若い選手が多いチームなだけに、 彼の経験はチームにとっては大きなプラスになりそうだ。
・戦力分析
今シーズンは、デイビス、フランシス、シッパリー、コノリーといった主力選手が多数抜けたことに加えて、 シーズン途中にホームスタジアムが移転するなど、チームにとっては激動のシーズンになっている。 特に昨シーズンの攻撃の中心だったシッパリーとコノリーの2トップが抜けたことは、 戦力的には大きくダウンしたといえるだろう。昨シーズンはこの2人を中心とした攻撃は良かったが、 ディフェンスは全く安定していなかっただけに、昨シーズンと同じようなサッカーではあまり良い成績は期待できないだろう。 それだけに、マードック監督がどのようなサッカーを展開するかが、チームの成績を大きく左右することになりそうだ。

2003−04シーズン ウィンブルドン 予想フォーメーション

ホールズワース            アゲマング
 ゴードン            ノーランド              レオ・コーカー          マカナフ
ダーリントン          レイガートウッド            ホロウェイ            ギア
バンクス