Wimbledon

・チームデータ

創立:1889年

本拠地:ロンドン→ミルトンキーンズ

ホームスタジアム(ロンドン):セルハースト・パーク(26400人)

ホームスタジアム(ミルトンキーンズ):ナショナル・ホッケー・スタジアム(9000人)

チームの愛称:ドンズ

会長:B・R・ギジェルステン
   :C・コッペル

監督:スチュアート・マードック

今シーズンの成績:8勝33敗5分け, 勝ち点29(ディビジョン1 24位) 得点:41 失点:89

Player Data 2003/2004

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK スティーブ・バンクス 72-02-09 イングランド 24 ストーク
スコット・ビヴァン 79-09-19 イングランド 10 サウサンプトン
12 デイビッド・マーティン 不明 イングランド なし
13 ポール・ヒールド 68-09-20 イングランド 10 シェフィールド・W
30 シェイン・ゴア 81-10-28 イングランド なし
30 リー・ウォーガン 83-12-01 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ウォーレン・バートン 69-03-19 イングランド QPR
ピーター・ホウキンス 78-09-18 イングランド 18 なし
ニック・マッコイ 86-09-03 イングランド なし
マーク・ウィリアムズ 70-09-28 北アイルランド 11 ストーク
ダレン・ホロウェイ 77-10-03 イングランド 13 サンダーランド
17 ショラ・オイエデル 不明 イングランド なし
19 ベン・チョーリー 82-09-30 イングランド 35 アーセナル
20 ミケーレ・レイジャートウッド 82-11-12 アンティグア・バーブーダ 27 なし
24 ジャーメイン・ダーリントン 74-04-11 イングランド 41 QPR
25 ディーン・ルイントン 84-05-18 イングランド 28 なし
28 マルビン・カマラ 83-11-17 イングランド 27 なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ジョビ・マカナフ 81-11-09 ジャマイカ 27 なし
ジャマル・キャンベル・ライス 83-04-06 ジャマイカ チャールトン
ハリー・ヌティムバン・ゼフ 不明 フランス 10 SCエスピーニョ
ウェイド・スモール 84-02-23 イングランド 27 なし
15 アルバート・ジャレット 84-10-23 シエラレオネ なし
17 アダム・ノウランド 81-07-06 イングランド 25 ブラックプール
20 ガリー・スミス 不明 イングランド 11 ミドルスブラ
21 ニコ・ヘルジグ 83-12-10 ドイツ 19 なし
22 ロバート・ギア 81-01-06 フィリピン 25 なし
23 アレックス・タップ 82-06-07 イングランド 14 なし
26 ナイジェル・レオ=コーカー 84-05-14 イングランド 25 なし
26 ジェイソン・パンチョン 86-06-26 イングランド なし
27 マイケル・ゴードン 84-10-11 イングランド 19 なし
29 ベン・ハーディング 84-09-06 イングランド 15 なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW スコット・マクドナルド 83-08-21 オーストラリア ボーンマス
10 ディーン・ホールズワース 68-11-08 イングランド 28 ラシュデン
11 パトリック・アギェマン 80-09-29 ガーナ 26 なし
14 ライオネル・モーガン 83-02-17 イングランド なし
16 ジェイミー・マッキー 85-09-22 スコットランド 13 なし
18 ウェイン・グレイ 80-11-07 イングランド 32 なし
注)試合&得点=2003−04シーズンのディビジョン1(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2003/2004
INOUT
PNameFrom
GK バンクス ストーク
FW マクドナルド ボーンマス
FW ホールズワース ラシュデン
GK ビヴァン(シーズン途中) サウサンプトン
DF バートン(シーズン途中) QPR
MF ヌティムバン・ゼフ(シーズン途中) スポルティング・クラブ・エスピーニョ
MF キャンベル・ライス(シーズン途中レンタル) チャールトン
MF スミス(シーズン途中レンタル) ミドルスブラ
PNameTo
GK デイヴィス イプスウィッチ
DF ウィルモット ノーサンプトン
DF アンデルセン オールボー
MF フランシス ノーリッジ
MF ヒューズ クリスタルパレス
MF セリー ワーキング
FW シッパリー クリスタルパレス
FW コノリー ウェストハム
GK バンクス(シーズン途中) ジリンガム
DF レイジャートウッド(シーズン途中) クリスタルパレス
MF マカナフ(シーズン途中) ウェストハム
MF ノウランド(シーズン途中) ウェストハム
MF レオ=コーカー(シーズン途中) ウェストハム
FW マクドナルド(シーズン途中) マザーウェル
FW アギェマン(シーズン途中) ジリンガム
・今シーズンのMVP
ジャーメイン・ダーリントン
今シーズンは41試合に出場して1ゴールを決める活躍を見せた。 チームがあまりにもひどい状態だっただけに、MVPといえる存在はいないともいえるが、 ほぼ全ての試合に出場したダーリントンは十分に合格点を与えられる仕事をしたといえるだろう。 残念ながら来シーズンは他のチームに移籍することになったが、 移籍先のチームでも素晴らしいプレーを見せてほしいところである。
・今シーズンの総評
今シーズンはシーズンを通じて最下位に低迷し、最終的には24位という成績でディビジョン2に降格することになった。 シーズン開幕前に主力を大量放出したのに加えて、シーズン中には本拠地を移転するなど、 今シーズンのウィンブルドンはチームの生まれ変わりといえるシーズンだったといえるだろう。 戦力的にはディビジョン2に降格しても当然といえる状況だっただけに、 今シーズンの結果は順当な結果だといえるが、それでもシーズンを通じて最下位を独走するというのはあまりにも酷すぎた。 今シーズンからチームが生まれ変わっただけに、まずは新たなるウィンブルドン(ミルトンキーンズに移転したのならば名前は変更すべきだと思うが) の土台をきちんと作ることが必要になるだろう。

2003−04シーズン ウィンブルドン 基本フォーメーション

グレイ            アゲマング
スモール            ノーランド           レオ・コーカー            マカナフ
ダーリントン        レイガートウッド            チョーリー            ギア
バンクス