Brighton & Hove Albion

・チームデータ

創立:1901年

本拠地:ブライトン

ホームスタジアム(ブライトン):ウィズディーン(6960人)

チームの愛称:シーガルズ

会長:D・ナイト

監督:マーク・マクギー

昨シーズンの成績:22勝13敗11分け, 勝ち点77(ディビジョン2 4位) 得点:64 失点:43

Player List 2004/2005

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ミシェル・キパーズ 74-06-26 オランダ ブリストル・R
20 ラミ・シャーバン 75-06-30 スウェーデン アーセナル
29 ベン・ロバーツ 75-06-22 イングランド 11 チャールトン
33 クリス・メイ 85-09-02 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ポール・ワトソン 75-01-04 イングランド ブレントフォード
ダニー・クリップ 76-09-17 イングランド ブレントフォード
ディーン・ブラックウェル 69-12-05 イングランド 199 ウィンブルドン
14 ガイ・バターズ 69-10-30 イングランド ジリンガム
15 ネイサン・ジョーンズ 73-05-28 ウェールズ サウスエンド
19 アダム・ヴァーゴ 83-01-25 スコットランド なし
24 アダム・ヒンシェルウッド 84-01-08 イングランド なし
27 ガリー・エルフィック 85-10-17 イングランド なし
28 アダム・エル・アブド 84-09-11 エジプト なし
34 ジョエル・リンチ 87-10-03 ウェールズ なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ケリー・マヨ 77-09-21 イングランド なし
アレクシス・ニコラス 83-02-13 キプロス チェルシー
サイモン・ロジャー 71-10-03 イングランド ワーキング
10 チャーリー・オートウェイ 73-11-28 イングランド ブレントフォード
11 ダレン・カリー 74-11-29 イングランド ウィコム
12 リチャード・カーペンター 72-09-30 イングランド カーディフ
16 ポール・リード 79-07-06 オーストラリア ブラッドフォード
18 アルバート・ジャレット 84-10-23 シエラレオネ ウィンブルドン
20 ジョン・ピアーシー 79-09-18 イングランド トットナム
21 クリス・マクフィー 83-03-20 イングランド なし
22 ディーン・ハモンド 83-03-07 イングランド なし
23 デイビッド・リー 80-03-28 イングランド ハル・シティ
26 ダニエル・ハーディング 83-12-23 イングランド なし
27 ダン・ベック 83-11-14 イングランド なし
31 ディーン・コックス 87-08-12 不明 なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW レオン・ナイト 82-09-16 イングランド チェルシー
ガリー・ハート 75-11-06 イングランド スタンステッド
17 マヘタ・モランゴ 82-07-24 イタリア アトレティコ・マドリッド
25 スティーブ・クラリッジ 66-04-10 イングランド 49 11 ウェイマス
25 マーク・マッキャモン 78-08-07 バルバドス ミルウォール
30 ジェイク・ロビンソン 86-10-23 イングランド なし
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2003/04シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2004/2005
INOUT
PNameFrom
MF カリー ウィコム
MF ジャレット ウィンブルドン
FW モランゴ アトレティコ・マドリッド
GK シャーバン(シーズン途中) アーセナル
MF ニコラス(シーズン途中) チェルシー
FW クラリッジ(シーズン途中) ウェイマス
FW マッキャモン(シーズン途中) ミルウォール
PNameTo
GK S・ジョーンズ 不明
GK キーリー 引退
MF ピッチャー ハバント&ウォータールービル
MF ウィルキンソン ハバント&ウォータールービル
FW マーニー クローリー・タウン
FW ウィルソン・デニス ニューポート・カウンティ
GK ロバーツ(シーズン途中) 引退
DF クリップ(シーズン途中) シェフィールド・U
DF ブラックウェル(シーズン途中) 引退
MF ロジャー(シーズン途中) 引退
MF カリー(シーズン途中) イプスウィッチ
MF ピアーシー(シーズン途中) 引退
MF リー(シーズン途中) オールダム
MF ベック(シーズン途中) イーストボーン
FW クラリッジ(シーズン途中) ブレントフォード
・注目のプレイヤー
レオン・ナイト
昨シーズンの開幕直後にチェルシーから10万ポンドで加入したイングランド人ストライカー。 昨シーズンは44試合に出場して25ゴール(マクフィーと並んで、ディビジョン2の得点王を獲得)を決める活躍を見せて、 チームのディビジョン1復帰に大きく貢献した。元々はチェルシーのトレイニー出身の選手だが、 トップチームでの出場機会はほとんどなく、主にレンタル移籍で他のチームでプレーしてきた。 昨シーズンもブライトンには当初はレンタルで加入していたが、開幕2試合で4ゴールを決める活躍を見せたこともあり、 ブライトンが正式移籍で獲得したが、彼らのは判断は正しかったといえるだろう。
・戦力分析
昨シーズンはディビジョン2で4位だったものの、昇格プレーオフを勝ち抜いて、 1シーズンでディビジョン1に復帰を果たした。 その最大の立役者といえるのが、チェルシーから加入したナイトの活躍だろう。 前回ディビジョン1に昇格した時にはザモラ(現ウェストハム)が、 リーグの得点王を獲得して昇格したが、ナイトも彼と同じような形でチームを昇格に導いた。 2シーズン前にディビジョン1を経験したメンバーが多く残っているために、 チーム力という部分では前回よりもアップしているといえるだろう。 ナイト、モランゴを中心としたFW陣が多くのゴールを決めて、 チームをリーグ・チャンピオンシップ残留に導きたいところだ。

2004−05シーズン ブライトン 予想フォーメーション

ナイト            モランゴ
マヨ              ニコラス            ヒンシェルウッド            カリー
ハーディング          バターズ              ヴァーゴ              クリップ
キパーズ