Cardiff City

・チームデータ

創立:1899年

本拠地:カーディフ

ホームスタジアム(カーディフ):ニニアン・パーク(22000人)

チームの愛称:ブルーバーズ

会長:S・ハマン

監督:レニー・ローレンス

昨シーズンの成績:17勝15敗14分け, 勝ち点65(ディビジョン1 13位) 得点:68 失点:58

Player List 2004/2005

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK トニー・ワーナー 74-05-11 トリニダード・トバゴ ミルウォール
13 マーティン・マーゲットソン 71-09-08 ウェールズ ハダーズフィールド
22 アラン・リー=バレット 84-02-28 イングランド ノリッジ
23 ニール・アレクサンダー 78-03-10 スコットランド リビングストン

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF リズ・ウェストン 80-10-27 ウェールズ アーセナル
ガリー・クロフト 74-02-17 イングランド 48 イプスウィッチ
ロバート・ペイジ 74-09-03 ウェールズ 36 シェフィールド・U
ダニー・ガビドン 79-08-08 ウェールズ WBA
16 クリス・バーカー 80-03-02 イングランド バーンズリー
21 トニー・ヴィドマー 70-07-04 オーストラリア 12 ミドルスブラ
24 ダレン・ウィリアムズ 77-04-28 イングランド 108 サンダーランド
30 バイロン・アンソニー 84-09-20 ウェールズ なし
34 カーク・ハギンス 85-06-04 ウェールズ なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ジョン・ロビンソン 71-08-29 ウェールズ 100 チャールトン
ニール・アードリー 72-09-01 イングランド 169 12 ワトフォード
グラハム・カバナフ 73-12-02 アイルランド 17 ストーク
12 ウィリー・ボランド 75-08-06 アイルランド 63 コヴェントリー
15 リチャード・ラングリー 79-12-27 ジャマイカ QPR
18 リー・バロック 81-05-22 イングランド ヨーク
19 ポール・パリー 80-08-19 ウェールズ ヘレフォード
24 ギャレス・ワリー 73-12-19 イングランド 35 ブラッドフォード
25 ジョビ・マカナフ 81-11-09 ジャマイカ ウェストハム
27 トニ・コスケラ 83-02-16 フィンランド コーテーペー
29 ニコラス・フィッシュ 84-09-15 ウェールズ なし
31 マイケル・パーキンス 85-01-12 ウェールズ なし
36 ジョー・レドリー 87-01-23 ウェールズ なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW アンディ・キャンベル 79-04-18 イングランド 49 ミドルスブラ
10 ロバート・アーンショウ 81-04-06 ウェールズ モートン
11 ピーター・ソーン 73-06-21 イングランド ストーク
14 アラン・リー 78-08-21 アイルランド ロザラム
17 ジェイムズ・コリンズ 83-08-23 ウェールズ なし
20 スチュアート・フリートウッド 86-04-23 ウェールズ なし
32 ダニー・トーマス 85-05-13 ウェールズ なし
33 リチャード・イングラム 85-02-15 ウェールズ なし
35 キャメロン・ジェローム 86-08-14 イングランド ミドルスブラ
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2003/04シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2004/2005
INOUT
PNameFrom
GK ワーナー ミルウォール
DF ペイジ シェフィールド・U
MF バロック ヨーク
FW ジェローム ミドルスブラ
DF ウィリアムズ(シーズン途中) サンダーランド
MF アードリー(シーズン途中) ワトフォード
MF マカナフ(シーズン途中) ウェストハム
MF コスケラ(シーズン途中) コーテーペー
PNameTo
DF プライアー サウスエンド
DF ヤング 不明
FW ボーウェン 不明
FW ゴードン ノッツ・カウンティ
DF ペイジ(シーズン途中) コベントリー
MF ロビンソン(シーズン途中) クローリー・タウン
MF カバナフ(シーズン途中) ウィガン
MF ワリー(シーズン途中) ウィガン
FW アーンショウ(シーズン途中) WBA
・注目のプレイヤー
トニー・ビドマー
昨シーズン、ミドルスブラから加入したオーストラリア代表のディフェンダー。 昨シーズンは45試合に出場して1ゴールを決めるなど、チームのディフェンスの中心選手として素晴らしい活躍を見せていた。 これまでにロケレン、NACブレダ、レンジャーズ、ミドルスブラなどでプレーするなど、 非常に経験豊富な選手で、オーストラリア代表としても69試合に出場している。 実はレンジャーズからフリー・トランスファーになった2002年9月にもカーディフはオファーを出していたが、 そのときにはビドマーがミドルスブラに移籍したために、残念ながら契約が合意に達することはなかったが、 再度オファーを出した昨シーズンには無事にカーディフに加入し、期待通りのプレーを見せてローレンス監督を喜ばせていた。
・戦力分析
昨シーズンはシーズンを中盤までは健闘を見せていたが、その後は徐々に失速してしまい、 最終的には13位という成績でシーズンを終了した。しかしディビジョン2のプレーオフを勝ち抜いて昇格したチームなだけに、 昨シーズンの成績はまずまずの結果だったといえるだろう。 今シーズンは昨シーズンのメンバーに加えて、ペイジ、バロック(バロックは昨シーズンもローンで加入していたが) が加入したことで、戦力的にはさらにアップしたといえるだろう。 特に昨シーズン21ゴールを決めたエースストライカーのアーンショウが残留したことは、 カーディフが上位進出を狙うためには、大きなプラス材料といえる。 それだけに、彼がシーズンを通じて安定した力を出すことが出来れば、 昨シーズン以上の順位も十分に狙えるだろう。

2004−05シーズン カーディフ 予想フォーメーション

アーンショウ            リー
ロビンソン            カバナフ            バロック            ラングリー
ヴィドマー            ガビドン             ペイジ            ウェストン
マーゲットソン