Ipswich Town

・チームデータ

創立:1878年

本拠地:イプスウィッチ

ホームスタジアム(イプスウィッチ):ポートマン・ロード(30300人)

チームの愛称:ブルーズ、タウン

会長:D・シープシャンクス

監督:ジョー・ロイル

今シーズンの成績:24勝9敗13分け, 勝ち点85(リーグ・チャンピオンシップ 3位) 得点:85 失点:56

Player Data 2004/2005

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ケルヴィン・デイヴィス 76-09-29 イングランド 39 ウィンブルドン
31 シェーン・サップル 87-05-04 アイルランド なし
34 ルイス・プライス 84-07-19 ウェールズ なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ファビアン・ヴィルニス 70-08-23 オランダ 41 デ・フラーフスハップ
マット・リチャーズ 84-12-12 イングランド 24 なし
ジェイソン・デ・ボス 74-01-02 カナダ 45 ウィガン
ドリサ・ディアロ 73-01-04 モーリタニア 26 バーンリー
リチャード・ネイラー 77-02-28 イングランド 46 なし
12 ダニエル・カルバッシユーン 84-08-10 アメリカ アーセナル
16 デイヴィッド・アンズワース 73-10-16 イングランド 16 ポーツマス
20 アイダン・コリンズ 86-10-18 イングランド なし
21 スコット・ミッチェル 85-09-02 イングランド なし
26 スコット・バロン 85-09-02 イングランド なし
28 ジェラード・ナッシュ 86-07-11 アイルランド なし
クリス・ホッグ 85-03-21 イングランド ヨーク

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF ジム・マジルトン 69-05-06 北アイルランド 39 シェフィールド・W
トミー・ミラー 79-01-08 イングランド 45 13 ハートリプール
10 トニー・ディニング 75-04-12 イングランド ウィガン
10 ダレン・カリー 74-11-29 イングランド 24 ブライトン
11 ケヴィン・ホーロック 72-11-01 北アイルランド 41 ウェストハム
19 アントニオ・マーレイ 84-09-15 イングランド なし
19 ジミー・ジュアン 83-06-10 フランス モナコ
23 オーウェン・ガーヴァン 88-01-29 アイルランド なし
27 アデム・アーテイ 85-12-08 イングランド なし
29 ベン・パッテン 86-02-16 イングランド フォード・U
33 イアン・ウェストレイク 83-07-10 イングランド 45 なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW パブロ・コウニャゴ 79-08-09 スペイン 19 セルタ・デ・ビーゴ
14 ジェイミー・スコウクロフト 75-11-15 イングランド レスター
17 ディーン・ボウディッチ 86-06-15 イングランド 21 なし
18 ダレン・ベント 84-02-06 イングランド 45 19 なし
22 ダリル・ナイツ 88-05-01 イングランド なし
30 ジェローム・ソバース 86-04-18 イングランド フォード・U
32 シェフキ・クキ 76-11-10 フィンランド 43 19 シェフィールド・W
注)試合&得点=2004−05シーズンのリーグ・チャンピオンシップ(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2004/2005
INOUT
PNameFrom
DF デ・ボス ウィガン
MF ホーロック ウェストハム
MF カリー(シーズン途中) ブライトン
DF カルバッシユーン(シーズン途中レンタル) アーセナル
DF アンズワース(シーズン途中レンタル) ポーツマス
MF ディニング(シーズン途中レンタル) ウィガン
MF ジュアン(シーズン途中レンタル) モナコ
FW スコウクロフト(シーズン途中レンタル) レスター
PNameTo
DF メイキン レスター
DF マグリール バーンリー
DF サントス QPR
MF ライト リーズ
MF バート=ウィリアムズ 不明
MF アビダラー 不明
MF ロイザー ヴィレムU
FW アームストロング ダーリントン
FW モロー ハイバーニアン
FW M・ベント エバートン
DF ホッグ(シーズン途中) ハイバーニアン
MF マーレイ(シーズン途中) ハイバーニアン
・今シーズンのMVP
トミー・ミラー
今シーズンは45試合に出場(全てスタメンで出場)して、13ゴールを決めるなど、 チームの昇格プレーオフ出場に大きく貢献した。 イプスウィッチは全体的に攻撃的なチームだが、その攻撃的なサッカーを支えていたのが、 彼の中盤からの得点力にあったといえる。前所属チームであるハートルプール時代にも 1999−2000、2000−01シーズンに2シーズン連続でチーム内得点王になった実績もあるなど、 中盤の選手ながらも昔から非常に得点力の高い選手だったが、 今シーズンはロイル監督の攻撃的なサッカーとうまくマッチして、 持ち前の得点能力をうまく発揮していた。 イプスウィッチに来てからは毎シーズンごとに得点数が増えてきているだけに、 来シーズンの活躍も楽しみな選手である。
・今シーズンの総評
今シーズンはレギュラーシーズンでは3位だったものの、 2年連続で昇格プレーオフ1回戦でウェストハムに敗れてしまい、 残念ながらプレミアリーグ昇格を果たすことが出来なかった。 レギュラーシーズンでは序盤から安定した戦いをして、 最終節までウィガンと激しい2位争いを繰り広げてきたが、 残念ながら3位に終わってしまった。 今シーズンのイプスウィッチは攻撃的なサッカーを展開し、 総得点85はリーグ最高の成績だったものの、 その一方で失点がやや多くなってしまったことが、 プレミアリーグ昇格を逃した最大の要因だといえる。 また2シーズン連続でプレーオフ1回戦で敗れる(しかも2年連続ウェストハム)など、 ここ一番での勝負弱さもあっただけに、 来シーズンはこの2つのポイントをうまく改善することが、 プレミアリーグ昇格への大きなポイントになりそうだ。

2004−05シーズン イプスウィッチ 基本フォーメーション

クキ            ベント
 ウェストレイク           ミラー           ホーロック          マジルトン
ヴィルニス            ネイラー            デ・ボス            ディアロ
デイビス