Wigan Athletic

・チームデータ

創立:1932年

本拠地:ウィガン

ホームスタジアム(ウィガン):JJBスタジアム(25138人)

チームの愛称:ラティックス

会長:D・ウィーラン

監督:ポール・ジュウェル

昨シーズンの成績:18勝11敗17分け, 勝ち点71(ディビジョン1 7位) 得点:60 失点:45

Player List 2004/2005

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK ジョン・フィラン 70-02-08 オーストラリア 49 ブラックバーン
13 ガリー・ウォルシュ 68-03-21 イングランド 96 ブラッドフォード
23 ジェームズ・サリスバリー 84-01-13 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF ポール・ミッチェル 81-08-26 イングランド なし
スティーヴ・マクミラン 76-01-19 スコットランド マザーウェル
マット・ジャクソン 71-10-19 イングランド 108 ノーリッジ
エメルソン・トーメ 72-03-30 ブラジル 152 ボルトン
イアン・ブレッキン 75-07-24 イングランド チェスターフィールド
15 デイヴィッド・ライト 80-05-01 イングランド クルー
19 ニッキー・イーデン 72-12-12 イングランド 35 バーミンガム
26 レイトン・ベインズ 84-12-11 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF アンドレアス・ヨハンソン 78-07-05 スウェーデン ジュールガーデンス
11 グラハム・カバナフ 73-12-02 アイルランド 17 カーディフ
12 マイケル・フリン 80-10-17 ウェールズ バリー・タウン
14 アラン・マホン 78-04-04 アイルランド 18 ブラックバーン
16 トニー・ディニング 75-04-12 イングランド ストーク
17 ペア・フランドセン 70-02-06 デンマーク 134 ボルトン
18 ジェイソン・ジャレット 79-09-14 イングランド バリー
20 ガリー・ティール 78-07-21 スコットランド エアー
21 ジミー・バラード 78-10-23 イングランド ピーターボロ
24 ギャレス・ワリー 73-12-19 イングランド 35 カーディフ
27 デイビッド・ムーア 85-04-04 イングランド なし
28 グレッグ・トレイナー 84-10-17 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW デイヴィッド・グラハム 78-10-06 スコットランド トーキー
ニール・ロバーツ 78-04-07 ウェールズ ハル・シティ
ネイサン・エリントン 81-07-02 イングランド ブリストル・R
10 リー・マッカロック 78-05-14 スコットランド マザーウェル
22 マグノ・シルバ・ビエイラ 85-02-13 ブラジル なし
25 クリス・リンチ 84-12-29 イングランド なし
30 ジェイソン・ロバーツ 78-01-25 グレナダ 42 WBA
注)試合&得点=プレミアリーグ通算(2003/04シーズン終了時。カップ戦等は含まず)

Transfer List 2004/2005
INOUT
PNameFrom
DF ライト クルー
DF トーメ ボルトン
MF フランドセン ボルトン
FW グラハム トーキー
MF ヨハンソン(シーズン途中) ジュールガーデンス
MF カバナフ(シーズン途中) カーディフ
MF ワリー(シーズン途中) カーディフ
PNameTo
GK ヨーマンズ 不明
DF デ・ボス イプスウィッチ
MF ケネディ ピーターバラ
MF ファレリー 不明
FW リデル シェフィールド・U
MF フリン(シーズン途中) ジリンガム
MF ディニング(シーズン途中) ブリストル・C
MF ムーア(シーズン途中) ハイド・U
MF トレイナー(シーズン途中) ハイド・U
FW N・ロバーツ(シーズン途中) ドンカスター
FW リンチ(シーズン途中) ハイド・U
・注目のプレイヤー
ペア・フランドセン
今シーズン、ボルトンから加入したデンマーク代表のミッドフィルダー。 これまでにリール、ボルトン、ブラックバーンなどでプレーするなど、 非常に経験豊富な選手である。彼を獲得したときにジュエル監督は、 「彼は非常に運動量が豊富で、これまで以上にミッドフィールドの質を上げるだろう。 また、彼はゴールに絡むプレーをし、それはこれまでの私たちには足りなかった部分である。 彼の加入はチームにとっては大きなプラスであり、 リーグ・チャンピオンシップでの2シーズン目を迎えるにあたって、 大きな助けとなるだろう。」と語るように、 彼の加入はウィガンにとっては大きなプラスになるだろう。 2000−01シーズンにはボルトンのプレミアリーグ昇格に貢献しているだけに、 そのときと同様に今度はウィガンのプレミアリーグ昇格に貢献したいところだ。
・戦力分析
昨シーズンはディビジョン2からの昇格チームにもかかわらず、 最終節のロスタイムまでは昇格プレーオフに出場できる位置をキープする(最終的には7位)など、 素晴らしいシーズンを過ごしたといえる。 今シーズンもまた昨シーズンのメンバーからあまり変わっていない(デ・ボス、リデルが抜けて、ライト、フランドセンが加入)だけに、 上位進出は十分に期待できるだろう。 ジュエル監督が就任してから今シーズンで4シーズン目となるが、 その間にウィガンはチームとして飛躍的に成長しているだけに、 今シーズンのリーグ・チャンピオンシップでも間違いなく目の離せないチームとなるだろう。

2004−05シーズン ウィガン 予想フォーメーション

  エリントン            J・ロバーツ
マッカロック          フランドセン            バラード            ティール
ベインズ            ジャクソン            ブレッキン            ライト
フィラン