Wolverhampton Wanderers

・チームデータ

創立:1877年

本拠地:ウォルヴァーハンプトン

ホームスタジアム(ウォルヴァーハンプトン):モリニュー(28525人)

チームの愛称:ウルヴズ

会長:R・ヘイワード

監督:デイヴ・ジョーンズ
   :スチュアート・グレイ
   :グレン・ホドル

今シーズンの成績:15勝10敗21分け, 勝ち点66(リーグ・チャンピオンシップ 9位) 得点:72 失点:59

Player Data 2004/2005

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
GK マイケル・オークス 73-10-30 イングランド 35 アストン・ヴィラ
13 マット・マレー 81-05-02 イングランド なし
21 ポール・ジョーンズ 67-04-18 ウェールズ 10 サウサンプトン
30 カール・イケメ 86-06-08 ナイジェリア なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
DF マーク・クライド 82-12-27 北アイルランド 18 なし
リー・ネイラー 80-03-19 イングランド 38 なし
ジョレオン・レスコット 82-08-16 イングランド 41 なし
ジョディ・クラドック 75-07-25 イングランド 42 サンダーランド
12 ロブ・エドワーズ 82-12-25 ウェールズ 17 アストン・ビラ
20 ヨアキム・ビヨルクルンド 71-03-15 スウェーデン サンダーランド
25 ミッケル・ビショフ 82-02-03 デンマーク 11 マンチェスター・C
40 キース・ロー 85-09-13 イングランド 11 なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
MF セイ・オロフィンジャナ 80-06-30 ナイジェリア 42 ブラン
ショーン・ニュートン 75-08-20 イングランド 24 チャールトン
ポール・インス 67-10-21 イングランド 28 ミドルスブラ
10 コリン・キャメロン 72-10-23 スコットランド 37 ハーツ
11 マーク・ケネディ 76-05-15 アイルランド 30 マンチェスター・C
14 シーラス 76-09-01 ポルトガル ウニオン・レイリア
15 ケヴィン・クーパー 75-02-08 イングランド 30 ウィンブルドン
24 キース・アンドリュース 80-09-13 アイルランド 20 なし
28 ロハン・リケッツ 82-12-22 イングランド トットナム
32 サミー・クリンガン 84-01-13 北アイルランド なし
34 ルイス・ゴーバーン 85-01-28 イングランド なし
37 クリス・コーンズ 86-12-20 イングランド なし

PNo 名前生年月日国籍 出場得点前所属チーム
FW イオアン・ガネア 73-08-10 ルーマニア ブルサスポル
16 ケニー・ミラー 79-12-23 スコットランド 44 19 レンジャーズ
17 アンリ・カマラ 77-05-10 セネガル セダン
18 ジョージ・エンダー 74-12-23 イングランド スウィンドン
19 ソル・ギヒョン 79-01-08 韓国 37 アンデルレヒト
27 カール・コート 77-11-01 ガイアナ 37 15 ニューキャッスル
29 ディーン・スタリッジ 73-07-27 イングランド 11 レスター
33 レオン・クラーク 85-02-10 イングランド 28 なし
35 ガリー・マリガン 85-04-23 イングランド なし
注)試合&得点=2004−05シーズンのリーグ・チャンピオンシップ(カップ戦は含まない)での記録

Transfer List 2004/2005
INOUT
PNameFrom
DF エドワーズ アストン・ビラ
DF ビヨルクルンド サンダーランド
MF オロフィンジャナ ブラン
FW ソル(シーズン途中) アンデルレヒト
DF ビショフ(シーズン途中レンタル) マンチェスター・C
MF リケッツ(シーズン途中レンタル) トットナム
PNameTo
DF アーウィン 引退
DF バトラー リーズ
DF ルズニー 不明
DF オコロンコ 不明
MF レイ レンジャーズ
MF ウォルターズ 不明
MF メリガン チェルトナム
FW ブレイク レスター
FW イヴェルセン バレレンガ
FW リー・ジョーンズ セント・パトリックス・アスレチック
MF ニュートン(シーズン途中) ウェストハム
FW スタリッジ(シーズン途中) QPR
・今シーズンのMVP
ケニー・ミラー
今シーズンは44試合に出場して19ゴールを決めるなど、チームの9位という成績に大きく貢献した。 昨シーズンはシーズン開幕前に怪我をしたこともあり、思うような活躍を見せることができなかった (昨シーズンはプレミアリーグで25試合に出場して2ゴール)が、開幕からフル稼働した今シーズンは 開幕直後から安定してゴールを奪い、チームの攻撃をうまく支えていた。 コートとミラーの2トップは高い得点力を見せて、チームはリーグで4番目に多い72ゴールを奪うなど、 チームの攻撃において、中心的な役割を果たしていたといえるだろう。
・今シーズンの総評
今シーズンはシーズン中盤まではリーグ1降格の可能性もある(第21節時点では19位だった)など低迷していたが、 そこから徐々に調子を上げていき最終的には9位という成績でシーズンを終了した。 昨シーズンとあまりメンバーが変わっていなかったこともあり、 開幕前には1シーズンでのプレミアリーグ復帰も期待されただけに、 今シーズンの結果は残念な部分もあったが、 シーズン終盤の追い上げは来シーズンを期待させる内容だった (ちなみに第21節以降の勝ち点は上位3チームの次に多く、ホドル体制になってからは2敗しかしていない)。 来シーズンは今シーズン途中から監督に就任したホドル監督のサッカーも浸透してくるだけに、 うまくいけば十分にプレミアリーグ昇格を狙えるだろう。

2004−05シーズン ウルブズ 基本フォーメーション

コート              ミラー
ケネディ          オロフィニャナ          キャメロン             ソル
ネイラー            クラドック            レスコット            クライド
オークス