静岡ホビーショー2004モデラーズクラブ合同展参戦記 一部5/22追加

なにはともあれ,スライド式アルバムをご覧あれ.
我らがペーパーモデル工廠展示+他ブース展示の紹介,合計約70枚.

(5/20にすでにアップしていた分です)
<アルバム下部のボタンで手動でメクルメクこともできます>

5/22追加,機関長どのオリジナル1/72旧陸軍紙戦車アルバム<29枚>

いままでプラモでも見たことないような珍しい車両が拝めます.
日本臭い造形への愛と,あの時代らしい造形への愛を感じてください.
作品提供戴いた機関長どの,改めて御礼申し上げます.
5/22追加,タカモトさんオリジナル1/100紙戦車アルバム<約80枚>

展示では熱心な方には箱を手にとってじっくり見て戴きましたが,
なかなか紙だと気づいてもらえない感もありました(あれだけアピールしてもなお).
家に持ち帰ってからじっくりドアップで撮影しましたので,
静岡に来られなかった皆さんも,じっくり堪能してください.
作品をお貸し戴いたタカモト様,いつもほんとうにありがとうございます.


<5/22追加レポート>
西山書店ブースでポーランド製ペーパークラフトどか買い
合計10点,¥18000も,大人げない「大人買い」してしまいました.

泣かせるキットがたくさんあったんですよ(涙).1キットで1000パーツ前後のものが\1000〜4000でありました.
輸入物だから,これでもかなり安いんですよ.来年の西山書店にもさらに期待.
左側写真はスタッグハウンド,SdKfz250/3,C7P(TPベースの牽引車か?),Wz34.よくこんな物キットにしますよね.
面白いのは真ん中左と真ん中真ん中の装甲列車.よく資料を調べてみないと,名前すらよくわからんのです.
また,右の海軍物は,英国の魚雷艇,軽巡洋艦,戦時急造駆逐艦+輸送船セット.くう〜っ.(一人で悶えるヨシオカ)
来年までにどれか一つでも作れるといいな〜
(去年「ペーパークラフト1/25ドラゴンワゴン作る」などと宣言してしまったのが,完全に不履行に終わり非難ゴ=ゴ=
 だったので,今年は約束はしません.←なんでエラそうに言ってるか.)

ちなみに,永田氏も私以上にどか買いしてました.
(永田さんが買ってた巨大なB-29作って欲しいな〜.自分のことは棚に上げて人にばかり求めるヨシオカ.


かば◎先生の御サインをゲット
(株)コーエー,ビジュアルガイドww2戦車1「電撃戦」,2「東部戦線」の著者であらせられる,かば◎氏とこ川畑氏の生存が確認されました.
人気HP「河馬の巣」(リンク集参照)の掲示板が,氏の多忙のためか一時的にすっかり荒れていたのが,ようやく修羅場をくぐり抜けられたらしく,
氏は静岡に来ておられました.私の静岡出品もこれで4度目ですが,静岡に私が出品できるきっかけになった氏は,我らがHPの恩人であります.
嫌がる氏にお願いして御著書にサインをゲット.コメントがイカしてます.
← 先頃出版された「東部戦線」
弱小国への愛あふるる氏が,我々には一般になじみの薄い東欧周辺の政治情勢
なども解りやすく解説されています.もちろんマイナー戦車へのマナザシも熱い!
ヨシオカもおすすめの1冊です.ちょっと大きな書店ならどこにでも有ります.

ついでに去年サインを戴いちゃったシリーズNo.1「電撃戦」
も乗せておきましょう.
(以上,5/22追加分) 
(以下は,5/20すでにアップしていた分です)


展示前のドタバタ
今年は去年までと違って私が夜行寝台で静岡入りしたため,巨大な作品で参加戴いたHaruakiさんには,
静岡在住の永田氏宛に荷物を送っていただき,永田氏に搬入してもらいました.
永田さん,Haruakiさんほか,いろいろご迷惑をおかけしてしまいましたが
私は去年までのように兵庫=静岡間を夜中に車を飛ばす必要がなくなりラクチンになりました.
そろそろ徹夜がキツイお年頃なんです.
ドタバタ陳列を終えたところにタミヤシュウサク社長が挨拶に来られて,無防備だった我々は,つい
さらっとしたご挨拶で済ましてしまって特製お名刺を頂戴するチャンスを失ったりしたのでありました.

老舗クラブによる推薦賞「冨士ウィング8賞」を受賞
表彰シーンなど,うれしがってアルバムに収めております.
老舗クラブによる推薦賞は,全部で9賞あり,このほか,山田卓司賞と金子辰也賞,合計11の賞がありました.
これらの表彰や山田,金子両氏のトークショーの仕切りは模型雑誌でも有名なテレビ朝日,松井アナウンサー.
実は後で聞いたのですが,我らがブースへの推薦は,冨士ウィング8さんのほか,もう1クラブの推薦もあり調整した
とのことでした.いやー,周りの参加者のプラモはみんな凄いのですが,我々は紙でやっているだけで目立てる
アドバンテージがあり,なんか申し訳ない気もします.もちろん,推薦賞はHaruakiさん,タカモトさん始め超絶モデル
を持ち寄って戴いたお陰.アイキャッチ功労第1のHaruakiさんには,副賞で戴いた「特製包装あべかわ餅」を
送らせていただきました.(生もの送って迷惑だったかも...)

その他の取材など
従前説明にあった「オフィシャルブック企画」は,急遽取り止めになったそうです.残念.
でも,タミヤのカメラマン氏はせっせと写真を撮っておられました.
せめて タミヤのホームページとかでクラブ合同展のレポートやらないかな=.
その他,AM誌だかMA誌だかどちらかの取材撮影があったらしい(その時私不在)ので,8月頃の模型各誌が楽しみです.


ここらでちょっと,今回メンバーの内,
てんうぇいさん・てんうぇいさんのお気に入り他クラブ作品紹介,見ていただきましょうか.
一部アルバムのとかぶっていますがご了承を.

まずはてんうぇい氏のレポート: メーカーブースまで押さえた,割とマジメコメントです.

 1.クラブモデナでMETMANIAのヘルメットペーパークラフトを発見致しました。
   コレクション性と組立性と言う今の時代が求めている課題への回答として興味深いです。
   

 2.京商でラジコンカー用コース: 分解・組立・輸送の要求を紙によって実現している所に面白さを感じました。
   

 3.自衛隊広報で家族連れの撮影: 軽装甲機動車をバックにそのプラモデル完成品を持つ家族を撮影する自衛官
   

 4.副賞贈呈を受ける吉岡車長: 我らがブースはペーパークラフトのすばらしさを会場中に示しました。
   

 5.波涛の会で船体骨格: 木製の骨格に紙で船体を作っているのは温度変化への対応.
   プラ板では数年後にひび割れを生じるとの事。
   

 6.旅客機モデル合同展示でB1ロゴマークや機体デザインの権利主張が高まる中での感性が示す表現の欲求
   とのバランスが私をドキドキさせます。
   

 7.暗礁空域茨の道で: ガンダム細工の腕を競うと言う方向性はペーパークラフトにも通じる所があると思いました。
   

 8.輪会で飛行機: 大きいと言う事にペーパークラフトならば実現が比較的容易いのではないかと思いました。
   

 9.プリンツ・オイオイでガガーリン: ポーランド製ペーパークラフト.ペーパークラフトの価値の高まりが興味深い。
   

 10.<画像なし>タカラで戦艦大和船体を7つに分断する見せ方にシリーズ化の方向性として新しさを感じました。

 11.<画像なし>フォーサイトなどで南極観測船: マイナーな狙い目に対し、売上数がある程度の範囲であれば
    ペーパークラフトの出番も有るのでは…と思いました。

 12.<画像なし>西山洋書店でペーパークラフト: 私は飛行船のを入手しましたが…きっと買占めた(?)

(以上12項目,てんうぇい氏コメント(一部省略)を使わせて戴きました)



メタモさんご推薦「パイルダーロボ」.バカプラモばっかり作っておられるブースでした。

その中でも特にバカ度の高いキットでした。
こんなキットをちゃんとした技法できっちり作りこんで(しかもディティールアップまでしているとは)
いる所には笑えました。話によると発売当時100円のキットを1500円で入手されたそうです。<メタモ氏コメント>


と,まぁ長々書いてきましたが,皆様おつきあいいただきありがとうございました.
我らがペーパーモデル工廠トップページにもどる